西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

14/04/03(木)

[]社会人の成長 21:32 社会人の成長 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 社会人の成長 - 西川純のメモ 社会人の成長 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 学校と社会は違います。一般の学校では社会での生き方を教えて貰えません。学校では「自分はこう思っていた」、「自分がこうやった」という「自分」だけで合理化が出来ます。少なくとも対教師はそれが出来ます。しかし、社会では「お前はこうやった」、「お前はこう思ったと、思った」のように相手は、自分の立場には立って貰えません。

 ところが、相手の気持ちは分かりません。そこで大事なのは、「お前はどう見られている」、「お前がやろうとしていることはどう見られている」ということを教えて貰える人を得られるか否かです。もし、そのような人がいない場合、「自分はこう思っていた」、「自分がこうやった」という論理で物事を今もすることになります。そして、「お前は」と評価される他者の評価を理解出来ず、攻撃し、そして自滅します。

 思い起こせば、私は恵まれていた。社会人になって多くの教えて貰える方々に恵まれた。そのおかげで、学力的に最底辺の学校で乗り越えられました。大学に就職してからお仕えしたボスは三人です。お三人とも、私おかわいがっていただきました。毎日、毎日、昨日あったことを語り、今日しようとすることを語りました。そのたびに、ニコニコしながら道を指し示していただきました。私は公私とも、一度もボスの悪口を言ったことはありません。そのようなボスに守られて今があります。

 振り返って、そのようなボスに恵まれていない人が多いことを可哀想と思います。そして、そのようなボスのアドバイスを得られず、「自分」という論理で社会を生きることによって「他人」に潰されるであろう未来を憂います。

 現状の社会だけではなく、『学び合い』であっても「自分」の論理をあからさまに出す人は潰されます。ということを学ぶ場を『学び合い』では相対的に多くしたいと思っています。

 これは『学び合い』を実践している我々も同じです。良き人に出会いましょう。そして、そうで無い人とも、「おりあい」をつけましょう。

kanjii4dakanjii4da2014/04/03 21:44あ~~。jun先生、リアルタイムに考えていたことです。私の・・を見ておられたかのような・・。力を得ました。心より感謝いたします。

jun24kawajun24kawa2014/04/03 21:58あはははは。私にとっても自戒です。今は守る立場になっている自分への。