西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

14/03/31(月)

[]先行研究 21:38 先行研究 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 先行研究 - 西川純のメモ 先行研究 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 久しぶりに学会誌をじっくり読みました。つまんない。

 教育実践の世界ばかりではなく、学術の世界も、先行研究をちゃんと読んでいないように思います。この論文を書くのだったら、あれと、あれと、あれを引用すべきだなと分かります。そして、この程度の結論だったら、二十年以上前のあの論文を読めば想像出来るよな、と思ってしまします。

 数年前の非『学び合い』の理科教育を研究する院生さんが、私の二十年前の論文を読み終わった後に言いました。「西川先生は、このあたりのことは全部やったから、『学び合い』を始めたんですね」と。その通りです。現状の枠組みで出る結果の限界は分かっています。

 ま、私の論文を読まなくても、先行研究はちゃんと読んで欲しいと思います。

[]時間の過ごし方 21:38 時間の過ごし方 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 時間の過ごし方 - 西川純のメモ 時間の過ごし方 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 社会科学は自然科学とは違います。大きな違いは、それ自体が正しいか否かではなく、それによって社会が動いたか否かで評価されることです。

 今、二十冊以上の本の種はあります。でも、その多くは商業ベースに乗らないのです。まだ。私が今気にしていること、願っていること、その多くは多くの人にはどうでもいいことです。私がやっていることは、私にとっては当たり前のことを、表現を分かりやすくまとめていることです。これは研究者の仕事ではありません。教育実践の方々が、研究者が明らかにしたことを実践で位置づけて欲しい。

 笑っていいとも、の最終回を見ながら、引き際を考えます。

 印象的なのは、巨泉さんと久米さんです。どちらも第一線を引きました。そのあと、巨泉さんは現状を否定せず、馬鹿な親父の姿をたまに出します。でも、久米さんは現状の問題点を愚痴ります。

 私は54歳、定年まで十年強です。先に進んで愚痴るのか、今に留まって気楽にやるか。

 本当は、死ぬ直前まで妄想し、それが数年後に実現する。そんな人生だったらいいな、と思うのです。でも、それが出来るのかが分からなくなっています。ま、愚痴です。

[]一段落 18:46 一段落 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 一段落 - 西川純のメモ 一段落 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私はいつも本は一気に書きます。だらだらと書いていると、一つの本の香りというか何というかが一貫できないからです。そして、書き終わってから、じっくりと推敲します。推敲方法は色々な人に読んでいただき、コメントをいただきます。

 今回は、なんと赤坂さんと、赤坂研究室の院生さんに読んでいただき、コメントをいただきました。赤坂さんレベルの人が同僚で、その人に本を読んでコメントをいただける。こんな職場に勤めていることに、驚きます。

 さて、次の段階の推敲に入ります。

[]変わる 18:46 変わる - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 変わる - 西川純のメモ 変わる - 西川純のメモ のブックマークコメント

 あと6時間で年度が変わります。たった一日で、全てが変わります。

 私に関わる人も、大きく変わるでしょう。幸多かれと思います。

 私の好きな曲に小田和正の「生まれ来る子どもたちのために」という曲があります。その中で一番好きな言葉が「君よ愛する人を守りたまえ」です。私の気持ちも、今、そんな気持ちです。