西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

14/03/17(月)

[]駄目だな~ 21:32 駄目だな~ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 駄目だな~ - 西川純のメモ 駄目だな~ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は理科教育学出身です。もし、理科教育学の世界で生きていたらならば、とても生きやすいな~っと思います。日本理科教育学会で8人しかもらっていない学会賞をもらい、百を超える学術論文を書き、学会誌編集委員長を長年勤め。

 でも、それが駄目だったから今がある。正直、辛い。学術と実践の往還は、もの凄くハードです。それも最先端を走っているととてつもなく辛い。新興宗教の教祖のように言われ、日本の教育の破壊者のように言われます。

 それを何とかしようと思い、毎日来るメールに誠実に応え、本を書き、それが続きます。なんで、そんなに・・・と思います。

 私は教師としては駄目です。子どもたちの置かれている現実に真正面に向き合うことができない教師です。毎日、1升の酒を飲まねば寝られない、弱い教師です。だから、大学に異動しました。そして、個々の事例から距離を置きつつ、個々の事例に向き合っている方々と付き合って、子どもの現実を解決しようとしているのです。まあ、ホラー映画で手で目を覆いながら、指の間から怖々見ているようなものです。へなちょこであることはよく分かっています。でも、私にはそれが限界なのです。苦しい子どもの現実をちょっとでも知ってしまえば、半月ぐらいは眠れないような弱い人ですから。

 でも、大学より遙かに縛りの多い学校現場で毎日の実践をしつつ、限られた休日を講演に費やしている方々います。その中でも、私と同い年の菊池さんを横目で見ていると正直苦しくなる。自分の限界を分かるこの年になればなおさらです。劣等感にさいなまれます。

 日本全国には、どれほどの先生が私には耐えられない業と直面しつつ、かつ、それから逃げない人がいるのだろう。そんな人にはなれないけど、そんな人の手助けが出来る人になりたい。そう思います。

追伸 幸か不幸か、そういう人たちに『学び合い』をやっていると高頻度で出会います。でも、そうで無い人とも出会います。