西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

14/03/08(土)

[]テクニック 06:36 テクニック - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - テクニック - 西川純のメモ テクニック - 西川純のメモ のブックマークコメント

 『学び合い』の考え方ではなく、テクニックの話です。

 新採で『学び合い』は出来るでしょうか?という疑問を持たれる方がいます。応えは「出来ます」です。

 数ヶ月前にあった、ある新採と私とのメールのやりとりです。その新採の方は、採用されて直ぐにフルの『学び合い』を実践した方です。メールのタイトルは「実践上の相談」です。どきっとして読んだら以下の通りでした。

おはようございます、●●です。

実践上での悩みがあり、相談させて頂きました。

一コマ45分の時間の使い方についてです。

3学期になり教科書の配当字数にかなり余裕が出てきました。

授業時間を15〜20分残して全員が課題達成(課題はシンプルな教科書○ページを全員が解き、解き方を説明する等です)をできてしまうのが現状です。

業者プリントを大量にコピーし、自由に解き採点できるようにしたりしていますが、それでも時間が余ってしまい困っています。(喜ばしいことではあるのですが)

早く次の単元に入るのもいいかと思いましたが、学年で進度に差が出たり、何より3月にやることがなくなってしまいそうです。

なかなか他の先生には「授業でやることがなくて困ってるんです」とは聞けないので、現状の現場において、どう時間を活用したら良いのかお教えいただけたらと思います。

お忙しい中と思いますが、よろしくお願い致します。

 繰り返しますが、以上は新採の先生の悩みです。私はコンピュータの前で爆笑し、アドバイスを送りました。

学び合い』はシンプルで簡単です。ですので新採が授業をするとしたら従来型より圧倒的に安定した高い成果を上げることが出来ます。(ただし、上記のような学習成果に抜群の成果を上げるにはフルの『学び合い』をしたときです。でも、一部『学び合い』を取り入れた状態でも人間関係はかなり向上します。)

 上記の人は、管理職・先輩の理解ある職場に勤めています。また、当人も周りとの良好な関係を築いているのでしょう。でも、そういう環境で無い方もいます。その方には、『学び合い』のテクニック(考え方では無いですよ)の本体は何かを語ります。

 それは、「授業の最初に全員の力で全員が課題を達成することを求め、最後に全員達成したか評価し、それに基づき説教する」という約60で表現できます。私が書いた『学び合い』のノウハウ本はつまるところこの約60文字を安定して出来るためのものに過ぎません。

 馬鹿みたいに簡単ですが、実は革命的です。というのは、今までの授業で「本当」に全員達成を求めていたでしょうか?おそらく、国際会議での「核の全面廃棄」の宣言ぐらいの意味しか無いと思います。つまり、「そうなったらいいよな~。でも、無理だよな~」というレベルです。教師がそのレベルならば、子どもはもっとです。でも、『学び合い』では額面通りに信じて、求めます。

 次に、今までの授業で「全員が課題を達成する」ことを求めた場合、一人一人の子どもは自分が課題を達成することに集中します。「全員が課題を達成する」とは、その一人一人の単純な足し算です。だから、達成しなかった場合、達成しない子の責任だと考え、説教します。一方、『学び合い』は「全員の力で全員が課題を達成する」ことを求めます。従って、一人一人の子どもは自分の課題達成はもとより、他の人の課題達成も求められています。従って、達成しなかった場合、全員の責任だと考え、説教します。

 上記のように、「授業の最初に全員の力で全員が課題を達成することを求め、最後に全員達成したか評価し、それに基づき説教する」は革命的なのです。が、「授業の最初に全員の力で全員が課題を達成することを求め、最後に全員達成したか評価し、それに基づき説教する」をやって咎められる学校が日本中にあるでしょうか?ありません。

 ようは「授業の最初に全員の力で全員が課題を達成することを求め、最後に全員達成したか評価し、それに基づき説教する」を確実に安定した成果を上げるためのテクニックが一般の人には気になるのです。

 例えば、授業の大部分を教師が仕切っているのに、教師が「授業の最初に全員の力で全員が課題を達成することを求め」たら、子どもは「そんなの、先生の責任でしょ」と言われてしまいます。だから、子どもに任せる時間を長くします。

 決まった1校時の中で子どもに任せる時間を長くするためには、課題の説明をダラダラと続けるのでは無く、クラスの2、3割り以上が確実に理解できるレベルにまで削ります。

 子どもたち全員の力を最大限に生かすために、立ち歩きや相談を許します。

 でも、それが一般の人には気になる。ならば、折り合いをつけてやれば良いのです。わざわざ戦う必要はありません。研究授業や新採研修の指導教員の前では従来型の授業をすれば良いのです。分からない人には、「今」は分かりません。そのうち分かります。でも、「今」ことを荒立てる必要はありません。

 それにしても『学び合い』のテクニックが「授業の最初に全員の力で全員が課題を達成することを求め、最後に全員達成したか評価し、それに基づき説教する」という約60文字に集約できるなんて素敵でしょ。私は自然科学をモデルとして、『学び合い』を考えています。

追伸 上記のテクニックを支えているのが学校観、子ども観という考え方であることは言うまでも無いことですよね。

kanjii4dakanjii4da2014/03/08 09:5560文字。今日も勉強になりました。ありがとうございました。
学校観、先日から何度も語っています。(^_^)

daitouirukadaitouiruka2014/03/08 09:56アドラー心理学との関係は、まさに九州の分科会でもお話させていただいたことなのですが、その理念を学級「集団」に対して生かし切れていないということが私の長年の悩みであり、その答えを示してくれたのが『学び合い』でした。
アドラー心理学も「クラス会議」というものを提案しており、集団を意識していないわけではなく、『クラスはよみがえる』の中でも、精神医学における「患者同士が相互に治療し合うことで効果も効率も上がる」という「治療共同体」の考え方を応用して、学校内の「教育共同体」というものをつくっていくことを目指すよう提案はされています。

教師を扇の要部分とする「扇型」の経営ではなく、教師も子ども達もさまざまな線でつながっていて、たとえ教師との糸が切れても、別の糸でつながっている子ども同士の糸を通してつながれるという「網型」の経営です。
ずっと理想とし、そして、全く知らないときに比べればはるかによくなってきたとは言え、十分とはとても言えず、やはり「集団」相手よりも「個別の対応」に追われ、まして、一日のうちの大半を占める「授業」においては(別仕立てのエクササイズなどではなく、教科の授業として)全くといっていいほど「道筋」が見えていませんでした。
その具体的な「道筋」を示してくれたのが、私にとっては『学び合い』だったわけです。

daitouirukadaitouiruka2014/03/08 10:06追伸:アドラー心理学の知見については、子ども達にも折に触れ語っています。
「子ども向けの本」、あるといいな、と思います。