西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

14/03/01(土)

[]飛び込み授業(詳細) 06:33 飛び込み授業(詳細) - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 飛び込み授業(詳細) - 西川純のメモ 飛び込み授業(詳細) - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私が中学校に行って飛び込み授業をしました。私の講演、飛び込み異学年、そして昼休み、飛び込み異学年の2時間目を公開します。

 http://p.tl/fa7v の最後の方です。

 子どもたちがあまりに可愛いので、最後はウルウルでした。この異学年では様々な教科が混在しています。

 以下では、『学び合い』初心者の方が1ヶ月~3ヶ月かけて自己変容する過程を3時間に凝縮しました。

 講演(全校の子どもたちへの講演です。一斉指導のテクニック満載です。例えば、頭の切り替えが大事だと最初に印象づけます。あとは、それを繰り返しながら強化します。これによって自由にさせてもケジメをつけられるようにします。私が定時制高校で使ったテクニックです。最後は、異学年『学び合い』を受けるクラスを全校の前で立たせ、自覚させます。集団を使った動機付けのテクニックですね。)

 『学び合い』異学年1時間目(『学び合い』のテクニックを意図的に使っています。例えば、『学び合い』ステップアップで例示している可視化を多用します。最初に『学び合い』をすれば問題は一杯起こります。それが「美味しい」のです。わざと失敗させます。そして、最後に語ります。最後の部分に次のがありますが、無視してください。)

 『学び合い』異学年2時間目(授業の最後の部分は聞き取りづらいと思います。この時間は5時間目で、昼休みに近くのちゃんぽん屋で食べました。この店は美味しいので有名なのですが、盛りが良いのでも有名です。そこで麺大盛り、野菜大盛りを頼んだところ、化け物みたいなちゃんぽんが出てきました。そういえば、注文したときお店の人が「大丈夫ですか?」と聞いていましたが、その意味が分かりました。それを食べ尽くしたので、お腹はパンパンです。そのエピソードを小声で話して子どもの笑いをとり、授業の導入にしました。ま、私が一斉指導で使っていた「まくら」です。この時間は意図的に『学び合い』ステップアップで書いたテクニックを使わなくしました。声を落とし、言葉の数を減らし、立っているだけで伝え始めます。)