西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

14/02/07(金)

[]何のための 21:37 何のための - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 何のための - 西川純のメモ 何のための - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私が教育実習で何を考えたか?それは「授業らしき」ことが成立すること。つまり50分間、私のコントロールで子どもを動かすことです。逆に恐ろしかったのは、話すことが無くて呆然とすること。だから、指導案は、絶対に50分間話せるようにすることでした。

 正式採用になれば、教科内容だけで勝負しなくてもすみます。最初は話術、そして人間関係。そうなれば、なんとなく授業は出来ます。でも、毎日の授業研究は50分間を埋めること。

 でも、そこには「授業らしき」ことが成立することだけしかなかった。今は分かります。なんと低次元な教師だったかを。

 でも、教師になって十年、二十年たてば、「授業らしき」ことをする術は長けます。でも、授業とは何かとは考えなくなります。

 二十年、三十年たてば「学年経営らしき」ことをする術は長けます。でも、学年経営とは何かは考えなくなります。

 三十年以上たてば「学校経営らしき」ことをする術は長けます。でも、学校経営とは何かを考えなくなります。

 学級経営も、学年経営も、学校経営も、同じなのです。明確な方針を示し、評価することなのです。管下のメンバーが管理者をどう思うかはどうでも良いことです。管理者は、管下のメンバーがどう思うと、管下のメンバーの幸せは何かに関して確信を持ち、求めねばなりません。管下のメンバーが何を言っても、管下のメンバーを愛しているならば、ハッキリと言えるはずです。

 が、辛いものです。

 とりあえず「らしき」+イベントでやったと思いたいのは人情です。でも、教師や校長は管理職です。管下のメンバーがどうおもおうと、彼らの幸せを実現する責務があります。でも、そうできる人はごく一部です。

[]本 19:54 本 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 本 - 西川純のメモ 本 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は色々な人から『学び合い』に関しての質問を受けます。しかし、その95%以上、『学び合い』ステップアップと『学び合い』ジャンプアップ、そして「なぜか仕事の出来る教師の7つのルール」に書いていることです。

 『学び合い』は非常にシンプルな理論です。そして、個々人を動かそうとするのでは無く、集団を動かす理論です。ですので、非常に予測力が高いのです。

 是非、お読み下さい。初心者の方の疑問のほぼ全て(多くの場合は100%)がそこに書いてあります。

FlipperKFlipperK2014/02/07 20:15 先日、岡山の会でも話題が出ました。結構先生に相談しようと思っても、手引き書やステップアップブックを読むと、悩みが自己完結しちゃいますよねって。とはいえ、私は時折ぐちぐちとお悩みメールや近況メールを先生に送りつけちゃいますけど。すみません。

jun24kawajun24kawa2014/02/07 21:24どうぞ、どうぞ、
人が最大、最高のツールは「人」ですから。

kanjii4dakanjii4da2014/02/07 21:25うちの研修部長も上越から帰ってから「私が質問したことのほとんどは、本に書いてあった。今さらながらにはずかしい・・。」と、話していました。私は、「西川先生の生の言葉で聞いたから、さらにインパクトがあったのですよ。」と、自分でも納得しながら彼女に話してます。(^_^)

jun24kawajun24kawa2014/02/07 21:39それは凄い。言葉と文字。そして、子どもの姿の往還が出来たら凄い。そして、もっと凄いのは、あるべき未来像。それが出来たら、彼女は直ぐに校長になって欲しいです。それが出来る人を日本の教育界は求めています。

kanjii4dakanjii4da2014/02/07 21:54「なんのための」のメッセージに身が引き締まります。また、その言われていることに日々直面していることを感じていました。ここ数ヶ月、きちんと語ることができるようになってきた気がします。(気がするだけじゃダメなのかもしれないです。反省・・)混沌から次第に固まってきました。これも出会いのおかげです。感謝しています。

jun24kawajun24kawa2014/02/07 22:10あなたは、出来ます!期待しています。だって、愛しているから。