西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

14/01/04(土)

[]苦しい 20:25 苦しい - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 苦しい - 西川純のメモ 苦しい - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ネットサーフィンしていると、ある写真を見ました。そこには子どもたちが満面の笑みをたたえて、元気いっぱいに手を上げている写真です。とても幸せそうな子どもたちの写真。そこには「闇」は見えない。でも、私は「闇」が見えてしまう。見たとたんに動悸がして、暗い気持ちでいっぱいになってしまます

 私の頭の中・・・

 全員が分かるような質問は出来るわけ無いよな。手を上げられない子がいるよな・・・

 手を上げても、教師からだめ出しくうこがいるよな。その子はどんな気持ちなんだろう。

 そして、何よりも暗くなるのは、8割がこうなれば、多くの教師は全員が満足していると思うだろう、と。教師を支持している子どもは2割。それ以外のニコニコしている子どもの心の中は何だろう・・・

 あ~・・・・。見えてしまうということは辛い。

[]医療教育 08:03 医療と教育 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 医療と教育 - 西川純のメモ 医療と教育 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ある方と特別支援のことでメールのやりとりをしました。その方の書かれていることの一部に違和感がありました。一言で言えば、「それは医療であって教育では無い」というものです。で、じゃあ私は医療教育をどこで分けているのだろうかと考えました。私なりに考えて結果、医療教育はその人の幸福を目指している点では全く同じだと思います

しかし、それを実現の仕方が違うように思うのです。医療場合は、「その人を大多数の人と同じ状態に同じにする」と単純に割り切れます。なぜなら医療を受ける人の大多数は「その人を大多数の人と同じ状態になる」ことと「その人の幸福」は単純に一致するからです。もちろん、安楽死場合は単純ではありませんが、大多数は一致します。

 しか教育は違うと思うのです。だって、その人の幸福と一致する「大多数の人と同じ状態」がそれほど多くはないと思います

 そう考えてみると、特別支援ばかりではなく、私にとって今の教育全般が医療と同じであることが分かりました。

 今の教育で、子どもの二十年後、三十年後、四十年後を考えている教師がどれほどいるでしょうか?教師が子どもの将来を考える九割り以上は、その日の、その時間のことが分かるか否かだと思います。それが分かることが、二十年後、三十年後、四十年後にどのように影響するか考えません。学級担任である小学校場合は、長期スパンといっても1年が基本です。学年団を組む中学校は3年が基本です。しかし、担任が替わり、進学すれば、それからはその人、その学校担当から自分担当では無いと思うのでは無いでしょうか?そして、変わった後に教え子が問題を起こせば、それは次の担任、次の学校責任であり、自分責任では無いと思うのでは無いでしょうか?

 偉そうなことは言えません。私もそうでした。私なりに最高のクラスをつくったと思って大学に異動しました。しかし、卒業式に呼ばれたとき、私のクラスの子もの殆どは退学していました。当然、私の次の担任を恨みました。でも、今は分かります。その責任は私にあります。私があまりにもテレビドラマ的熱血教師になり、話術・教材をばんばん使う授業をやったため、子どもは私と強く繋がるクラスを作ってしまったのです。それが原因です。その自責の念があるから、現状の教育に不満があります

 今、我々はある調査をしています。今、三十代、四十代になっている元特別支援学級保護者(つまり六十、七十代)に、今から考えると学校で何を学んで欲しかたかを聞いています。さて、この保護者に対して顔向けできる教師がどれほどいるでしょうか?保護者の回答は「学校に何も期待しない」なのです。そりゃそうでしょう。社会生活殆ど役にも立たない、筆算書き順のために義務教育殆どを費やしているのですから

 これは健常児のクラスでも同じです。今、三十代、四十代になっているに顔向けできる教師はどれほどいるでしょう。少なくとも私は顔向けできない。もちろん私と違って十分に誇れる成果を上げている方も少なく無いと思います。でも、それは筆算のやり方を分からたからでしょうか?違うと思います。その方の「人」だと私は思います

 ここまで来て、私なりにまとまりました。医療は今に焦点を当て、それを未来につなげる。教育未来に焦点を当て、今につなげる。少なくとも、私はそう考えたい。

suikanomeisantisuikanomeisanti2014/01/05 00:24「教育は人なり」ですね。『学び合い』をしっかり成立させるのためにも、自分磨きは必要だとよく感じます。

jun24kawajun24kawa2014/01/05 06:50子どもという鏡を通して磨いてください。