西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

13/12/30(月)

[]通信簿 17:23 通信簿 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 通信簿 - 西川純のメモ 通信簿 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は昔から好きなものは誰からも言われなくてもやるけど、嫌いなものは絶対にやらない、というタイプでした。ま、研究者向きのタイプとも言えますしかし、それが生きてくるのは大学院に入ってからです。小中高大では、そこそこはバランス良く学ばなければなりません。私はそれで大失敗しました。

 共稼ぎの両親は、放牧タイプ教育です。読みたい本があれば、どんどん本を買ってくれました。だからものすごく本は読みました。が、バランスが良くない。その付けがまりにたまって、にっちもさっちも行かなくなりました。何しろ英語模試の成績が偏差値27だったんです。高校2年の最後最後で心を入れ替え、必死になって受験勉強し、筑波大学滑り込みました。

 その反省もあるので、息子に関しては勉強を見ています。結果として、私より遙かに勉強が出来ます。でも、勉強をいやがります。なんども、私がどんな失敗をしたかを話してもリアリティがありません。

 最近、私の中学校高校通信簿を手に入れることが出来ました。読んでみると、自分が思っている以上に成績が悲惨です。で、それを息子に見せました。少しは私の言っていることにリアリティを持ったように思います

追伸 私の知能指数は、東大生平均値を上回っています。もし、私が今の私たちのような両親に育てられていたら、東京大学に入っていたのでは無いか、と息子を見て思います。が、きっと、「好きなものは誰からも言われなくてもやるけど、嫌いなものは絶対にやらない」という性格は親が何を言っても変わらないでしょうね。

[]対策 17:13 対策 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 対策 - 西川純のメモ 対策 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 墓参りの時です。息子がいきなり「この墓におばあちゃんも入るの?」と聞きました。私の母親(祖母)が「そうだよ」と言いました。一拍して、「お父さん、お母さんも入るの?」と聞くので頷きました。一拍、「僕も入るの?」と聞きました。そうしたら祖母が「そうだよ。そのためには結婚して子どもを作らないといけないんだよ。お父さん、お母さんは、その役目を果たしたから、今度はおまえが頑張らねばならないよ」と言いました。

 息子は素っ頓狂な裏返った声で「早く対策立てなきゃ!」と焦っていました。

 しかし、中1の息子が対策を立てるのは、だいぶ先ですね。

FlipperKFlipperK2013/12/31 06:51 通信簿の話題はそのまんま自分の事のようです。英語の偏差値も同様です。たぶん違うのは、知能指数と、入った大学と、心を入れ替えた時期です。子ども達は、勉強は当時の私よりもできると思いますが、似て欲しくないところは、似てしまっています。特に長女が…。

jun24kawajun24kawa2013/12/31 13:43 実感としては、似たくないところが似ますね。でも、正確に言えば、全部似ているのです。でも、嫌なところが似てしまう。