西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

13/12/26(木)

[]信頼2 11:18 信頼2 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 信頼2 - 西川純のメモ 信頼2 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 同じ職場、同じ家庭の人から信頼を受けることは、それほど難しいことではありません。よほど無神経にならなければ大丈夫です。なんとなれば、その人と面と会えば、思い出すし、気まずい思いをしますから。

 一方、物理的に離れている人から信頼を受けるには努力が必要です。それを安定してえようと思ったら、凡人は仕組みを持たねば無理です。誠意ある対応をしよう、なんて思っていても、続きません。

 私がやっている当たり前のことをずっとやる方法をお教えします。何度か公開しているし、ゼミ生には言っていることですが、やっている人は多くは無いですね。(ちなみに「なぜか仕事がうまくいく教師の7つのルール」学陽書房には詳しく書いています)

 第一に、ネット上のカレンダー(私はグーグルカレンダー)を利用します。そして、忘れてはいけない予定を記入します。そして、一定日時前に通知をする設定をします。そして、他者が関わる予定に関しては公開しています。

 第二に、私は仕事のやりとりをGmailでやっています。電話で頼まれたこと、口頭で頼まれたことは、後でメールで再度送るよう求めます。逆に、私が電話や口頭で頼んで承諾したことも、大事なことは再度メールで送ります。結果として、私がやらねばならないことはすべて電子メールに保存されます。そして、私の仕事が終わったメールはアーカイブ(つまり目の前に見えない状態で保存)します。つまり、電子メールのソフトを見れば、自分が終わらせなければならないのに終わってない仕事は何かが前面に出るようになっています。そして、その数が絶対に十以上にならないようにしています。

 私はそれでやっています。私は平均的な小中高の先生方が仕事上で関わる人の数十倍の人と関わります。その圧倒的大多数は直接に合わない人です。その人たちに対して、当たり前のことをずっとやり続ける方法は、上記2つだけでやっています。

追伸 私は暇な人と仕事をするのが嫌です。暇な人は仕事を先送りにします。先送りに出来るほど、暇なのです。忙しい人は仕事を先送りにしません。なぜなら、先送りできるほどの余裕は無いからです。だから、私は与えられた仕事はすぐにこなします。本だって、雑誌・新聞の年間連載だって、1週間以内に書き上げます。なぜなら、あとからあとから仕事が舞い込むからです。

追伸2 この手のことを書くと、「私ではないですか?」と心配される方はおられます。大丈夫です。あなたではありません。その方には本日9時38分にそれとハッキリ分かるメールを送りました。その時間のメールを受け取っていない方は違います。

 が、重要なのは、上記を他山の石としてご理解していただきたいと言うことです。それは偉そうに書いている、私もそうなのです。

[]支援学級 05:33 支援学級 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 支援学級 - 西川純のメモ 支援学級 - 西川純のメモ のブックマークコメント

古くからの同志が、北部九州の学校に勤めています。1月16日(木)5校時14:05から、校内研究の全体授業で3,4年生、支援学級で異学年『学び合い』授業を行います。お勧めです。校内研修ですので、限定数名、早い者勝ちです。http://p.tl/UeUB