西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

13/12/24(火)

[]就寝時間 21:00 就寝時間 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 就寝時間 - 西川純のメモ 就寝時間 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 息子は今日は9時に寝ると言い張っています。理由はサンタさんが来る前に寝なきゃならないから、とのこと。で、私はサンタさんが来るのは日本中が寝ている時間からと行って説得しています

[]理論実践の往還 07:38 理論と実践の往還 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 理論と実践の往還 - 西川純のメモ 理論と実践の往還 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 教育学研究者現場に頼りにされません。例えば、学校現場研修会に頻繁に呼ばれる大学教師はどれほどでしょう?大学の設置されている都道府県レベルに限ったら数%でしょう。そして、全国レベルだったら1%もいない。

 どうして、これほど少ないかと言えば、大学の評価システムにあります大学教員助教講師准教授教授に昇任する際に問われる業績は学術研究です。それは教員養成大学教員も同じです。従って、学校現場向けの実践論文、実践書、研修指導は全く考慮されません。

 最近、実務家教員として現場経験豊富な教師が大学教師として採用されますしかし、その方が学校現場での経験をそのまま生かすのであれば、大学教員としての意味は限定的です。それだったら、勤務曜日を分けて学校現場大学二股をしたほうがいい。そして、大学では授業担当だけをすればいい。その方が、学校現場感覚を失わずフレッシュ感覚を生かせます。また、大学勤務曜日を使って、全国で講演をしたり本を執筆したりすれば良いと思います

 でも、今、殆ど日本にいない人はどんな人かと言えば、理論実践の往還が出来る人です。そのためには現場経験の長い方は学術論文を書かねばなりません。研究経験の長い方は、学校現場との関わりを深めなければなりません。

 と思うので、私が上越教育大学教職大学院の基本コンセプトを構築する際、人事基準に学術業績とともに実践業績の項目を立てました。そして、教職大学院担当者は二つの業績を上げることを求めています。これって日本でも数少ないですよ。大抵の所は学術は研究者行員が担当し、実践が実務家教員担当するのが一般的です。だから、他大学の方から、「実務家教員はどなたですか?」と聞かれると、困ってしまうのです。圧倒的大多数が実務経験があります。また、実務家教員採用された方の方が、研究者教員採用された方より博士学位を持っているのです。

 採用後は研究者教員学校現場との繋がりを深めます。というより、そうしなければならないのです。何故なら、教職大学院学生は長期の教育実習に入らなければなりません。多くの大学では、実習校との調整は実務家教員担当します。しかし、上越教育大学教職大学院ゼミ生の入る学校の調整はアドバイザー本人が「全て」やらねばなりません。つまり、実務家教員に丸投げは出来ないのです。だから学校現場と会話できない研究者教員は生きられないシステムなのです。

 実務家教員採用時に学術論文の業績を求められます。もし、実践業績でそれを補った教員がいたばあい採用後に学術論文を書きます。もちろん、それになれていない実務家教員もいます。その場合は、研究者教員が仲間として学術論文の書き方のイロハ指導します。これが出来る関係性が研究者教員と実務家教員の中にあります。なぜなら同僚が理論実践の往還が出来る教員でないならば、結局、自分にそのつけが回ってくるからです。

 自画自賛ですが、このシステムは本学では上手くいっています

 大学を変えるには理念では変わりません。理念を絶対にするカリキュラムと、それを保証する評価システム必要なのです。

[]しりしかれる 07:38 しりにしかれる - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - しりにしかれる - 西川純のメモ しりにしかれる - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は若い未婚の男性には結婚しなさい、としつこく言います女性結婚しなくても生きられるが、男性結婚しなければ生きられないと私は思っています。では、なぜ男性結婚するべきか、それは女性に「尻に敷かれる」ためです。少なくとも私は。

 私の考えることは仕事ベースにしており、生活をおろそかにします。結果として短期的には正しくも、長期的には正しくない。例えば、私が結婚していなければ、日本中を飛び回って講演し、論文・本を書きまくるに決まっています。そうすれば、体は確実に悲鳴を上げるに決まっています

 私を第三者の立場で見守る、基本的に利害の一致する人と生活することは、絶対に必要だと思います。私の周りの殆ど男性は、その傾向があると思いますので、結婚しなさいと勧めます

追伸 結婚しても結婚しても尻に敷かれていない人は、気をつけてね。健康を害したり、伴侶から見放されることになりますから

FlipperKFlipperK2013/12/24 21:20 おっしゃるとおりだと思います。私は完璧にしかれすぎています。煎餅座布団よりも薄っぺらくなっている状態です。そのおかげで、曲がりなりにも幸せな家庭が築けていると思っています。

jun24kawajun24kawa2013/12/25 08:22幸せの証拠です。
家内が言います。良い夫の標語「勝てない、勝たない、勝ちたくない」です。