西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

13/12/17(火)

[]ツール 21:54 ツール - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ツール - 西川純のメモ ツール - 西川純のメモ のブックマークコメント

 「シャープペンシルによる教育改革」という文字がネット上で流されたら、どう思います。笑っちゃいますよね。鉛筆に比べてシャーペンは色々な良いところがあります。でも、教育を変えるほどのことはありませんよね。

 この世界に三十年弱生きています。色々なものがもてはやされ、廃れているものを何度も見ています。その時々に経済論理特定のツールがもてはやされ、そのツールが陳腐になるに従って廃れてしまます

 電子黒板で何か出来ると本気で思っている人、どれだけいます?それは数年後のipadと同じです。ツールは賞味期限は非常に短い。直ぐ先に、もっと便利なツールが生まれるのは必然です。

 重要なのはツールではなく、そのツールを必要とするものなのです。子どもたちの成長のために何が必要なのか?それを実現するには現状で何が必要何か?なのです。

私が大学院生の時にやっていたことを未だにやっていることに食傷気味です。

 教育はツールではなく、どのような子どもを育てたいかという願いによって変わる。日本教育過去、2回しか変わっていない。第一は、明治当初の公教育です。つまり特定職業になるための教育から日本人を育てる教育に変わったのです。第二は、戦後教育です。臣民教育から市民教育への変革です。私は戦後60年たって次にシフトする時期にあると思います。それは市民教育を完成するために、個人の教育から、個人が集団を利用するための教育です。それはかつての一部個人が大多数の個人を利用するための教育とは違います。全員の個人が、全員の集団を利用するための教育です。

 というレベルのことを考えれば、ツールがどうのこうのなんて、陳腐でしょ。

shinji-akasakashinji-akasaka2013/12/19 18:58いつも通り賛成!集団主義教育のアレルギーから解放されて、本当の意味での個と集団の在り方を追究する時代ですね。

jun24kawajun24kawa2013/12/19 22:03はい、個があり、そのための集団がある。この前提が民主主義だと思います。