西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

13/12/09(月)

[]説得 06:39 説得 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 説得 - 西川純のメモ 説得 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 今回のツアーで色々な方からの質問に応えました。私の説明は学校観、子ども観に対応することに集約されます。その中で、一番難しいのは学校観です。しかし、そこさえ分かって貰えれば、子ども観や授業観は導かれることですから。

 『学び合い』に対して疑問を持たれる方への私の応えは定型化されています。まず、その方の言われる『学び合い』の問題(?)に関して、その方の現状で問題なかったかを聞きます?そのことを言われると、大抵の方は今までにも問題はあったことが分かります。次に、実際に子どもの顔と名前を思い出して貰い、現状の指導がフィットしている子どもはどれだけかを確認して貰います。そうすれば多くて3割程度しかフィットしていないことが分かります。それを十割に近づけるには、子ども集団の力を利用するしかないことを語ります。

 また、多くの先生方の視野が「その時間の授業が分かるか否か」のレベルに留まっています。結果として対処療法しか思いつかないのです。しかし、対処療法で出来るのは、その問題を見えにくくする以上のことは出来ません。結果として、いつまでたってもコマネズミのように子どもに振り回されることになります。そのような方には3ヶ月のスパンで、そして1年のスパンで根治療法をすべきであることを語ります。

 その先生の授業力があったり、逆に、子どもの反応に鈍感であったりする場合、自分の授業やクラス経営がうまくいっていると誤解してしまいます。その場合は、その人の手を離れた後、そして、十年、数十年先の子どもの幸せを考える必要があることを語ります。

 子どもの一生涯の幸せとは何か?そして、それをもとに今日、この時間の授業を組み立てられる教師を増やしたい。

 現状の99.9%の教師は、それを建前論と考えています。だからちゃぶ台作戦のものすごい可能性に分かって貰えない。