西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

13/12/04(水)

[]質問 08:33 質問 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 質問 - 西川純のメモ 質問 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私に対する質問で、どのようなレベルかが一目瞭然です。その種明かしです。

 第一に、『学び合い』をやらないことを合理化する質問です。たとえば「最後のまとめはしてもいいですよね」、「うちのクラスには○○タイプの子がいて、その子は・・・・・という子なんです。だから、その場合は『学び合い』は無理ですよね」という質問です。

 ところが、『学び合い』をやろうとしている人は、「最後のまとめをしないのは何故ですか?」、「どのようにしたら子どもが分かったということを確認できるのでしょうか」、「うちのクラスには○○タイプの子がいて、その子は・・・・・という子なんです。その場合、どのように『学び合い』をすればいいのでしょうか?」という質問になります。

 わかりやすいでしょ?

 次に、やり始めてからの質問ですが、最初は課題の出し方を質問します。ところが、子どもたちが動き始めると、そのようなことは重要でないことが分かります。むしろ、自分が何を達成したいのかを吟味するようになります。

 課題の出し方を質問する段階を脱すると、次に、学びの輪の中に入れない子どもをどうしたらいいかを質問します。入門段階の人だな、ということが分かります。

学び合い』で子どもがゴチャゴチャ動き始めると、クラスの闇がはっきりと見えてきます。阻害されている子、分かったふりの子、授業を放棄して遊ぶ子などです。しかし、それらの解決先は、その子をなんとかするのではなく、集団に全員達成を愚直に求め続けるしかないことが分かってきます。充実段階の人だな、と分かります。

 次に、『学び合い』によってクラスの状態が良くなっていたと感じたが、最近、マンネリ化してきたことを質問する人です。この方の場合は、通常の教師が求めないことを求めなければならないのです。たとえば、テストで全員100点とか、全国学力調査で全国1番とか、全員がその地域の有名進学校に進学するとか、です。冷静に考えれば、笑っちゃうようなことを真顔で求めなければならないのです。それによって、『学び合い』をリードする2割の子どもに「やる気」の炎を燃やし続けることが出来ます。ああ、そろそろ発展段階に移行する人だな、と分かります。

 ね、分かりやすいでしょ。昨日の、鬼塚での質問のレベルは非常に高かったです。

追伸 でも、もう一つあります。私に質問するようなことが無い人です。それも研究推進部の人という場合もあります。この場合は、当人の問題ではありません。管理職の問題です。管理職がちゃんと目標を明示し、求めてない場合に起こることです。自分では説得の前面に立たず、少数の人を校長室に呼んで「おまえやっておけ」と言うタイプです。時には、私が説得役になることを求めます。でも、私は管理職ではありません。当然、出来ません。

concert3concert32013/12/05 06:08最高の講義と授業でした。特に5時間目,先生が最初にお話された4点を意識して学習を進める生徒さんたちの姿が素晴らしかった。特に終末の10分間。全員達成に向けてあちこちで行われていた動き,友達が達成したことを心から喜ぶ姿,集合した時の達成感あふれる表情…素敵でした。ありがとうございました。

scorpion1104scorpion11042013/12/05 06:42飛んで行きたかったのですが…。

jun24kawajun24kawa2013/12/05 22:09『学び合い』のセオリーは正しく、私は天才だと確信しました。ふぉふぉふぉ。な~んっちゃって