西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

13/10/19(土)

[] 人間万事塞翁が馬 21:42  人間万事塞翁が馬 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク -  人間万事塞翁が馬 - 西川純のメモ  人間万事塞翁が馬 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は大学院2年の時、ポカで教員採用試験の申し込みを出来ませんでした。本当に馬鹿馬鹿しい理由です。ということで、同級生が教員採用試験の受験勉強の最中に、私は何もすることが出来ません。でも、その期間に学術論文を書きまくりました。その時に書いたものが学会誌論文2編、Science Education1編です。そして、その時にデータを集めたものが、高校教師時代に1編の学会誌論文に掲載されました。この業績は、平均的な准教授の業績を凌駕します。

 次の年は研究生として残り(ま、留年みたいなもんです)、教員採用試験の勉強をして25歳で高校教師に採用されました。そして、多くの経験をしました。その後、大学の教師として採用されたのは、先に述べた業績によるものです。つまり、今、大学の教師として生活できるのは、ポカの結果です。

 今、若い人たちは、望みが叶い、ごく普通の人が考える「幸せのライン」(ま、試験に合格し、採用され、1年でも早く正規の職に就くということです。)に乗っかっている人と、そうでない人がいます。そして、「幸せのライン」を捨てる人もいます。彼らの二十数年の人生の中での1年、2年というのは私の年代の10年、20年にあたるものと感じられるでしょうね。そう思えば、その重さに共感すれば、私の心もふさがるように思います。

 でもね、幸いに私はポカの結果として、多くのことを学びました。それは、長い人生の中で「幸せのライン」から外れても大したことではない、ということです。

 もう一つ、若い人が学ぶべきことがあります。若い人は、「決断」に時間をかけ、悩みます。でも、本当に大事なことは、「決断」ではなく「決断」したあとに、その決断を良い決断だったと思える何をするかなのです。

 「幸せのライン」に乗った人も、それがゴールではありません。出発点に過ぎません。毎年、毎年、就職したのに数ヶ月で職を辞する人は少なくないのです。追い詰められて、自らの命を絶つ人さえいます。これは「幸せのライン」から外れたという人も、それはゴールではなく出発点なのです。その結果を出発点として、何をするかが大事なのです。

 私はゼミ生を愛しています。そして、幸多きことを願います。でも、それを決めるのは本人です。今から六十年、七十年、八十年の人生の中で、何をなすかが大事です。でも、それは三十台、四十台、五十台、六十台、そしてそれ以上の人も同じなのです。常に出発点に立っています。

 そんなことをゼミ生には語っていますし、今後も、語ります。

[]子ども達の『学び合い』手引き書 14:59 子ども達の『学び合い』手引き書 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 子ども達の『学び合い』手引き書 - 西川純のメモ 子ども達の『学び合い』手引き書 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 福岡県の安徳南小学校の子ども達が作った手引き書です。すばらしい!写真にぼかしを一部入れたものを公開しました。是非、多くの子ども達がこれをもとに、さらに素晴らしい手引き書を作成して欲しいです。http://p.tl/xq97

[]飛び込み授業 08:59 飛び込み授業 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 飛び込み授業 - 西川純のメモ 飛び込み授業 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 『学び合い』は基本的にものすごくシンプルです。従って、 『学び合い』ステップアップ通りのことをやれば、子どもはちゃんと動きます。ゼミ生(現職院生)が他県の小学校で飛び込み授業しました。セオリー通りの姿です。連続2時間を与えていただければ、かなり確実に成長させることが出来ます。

1時間目:http://youtu.be/tBUnFqvmVSw

2時間目:http://www.youtube.com/watch?v=DUBm8AOx63o

[]企業教育 06:47 企業教育 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 企業教育 - 西川純のメモ 企業教育 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昨日は企業の方々の前で講演しました。演習も含めて、自分なりには満足しています。その方々と話したのですが、ビックリするほど『学び合い』と同じ考え方をしていました。今後、いっしょに仕事が出来たら嬉しいな、と思いました。

 これから長野セミナーに出発します。

swprismswprism2013/10/20 02:30>本当に大事なことは、「決断」ではなく「決断」したあとに、その決断を良い決断だったと思える何をするかなのです。

まさに今の私にぴったりの言葉で、とても胸に響きました。決断自体に意味があるのではなくその後の行動が大事なのですね。この言葉を忘れずに、これから頑張っていこうと思います。

jun24kawajun24kawa2013/10/20 05:10是非!