西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

13/10/16(水)

[]世界平和 20:07 世界平和 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 世界平和 - 西川純のメモ 世界平和 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私の好きな言葉にゲーテの「寛大になるには、年を取りさえすればよい。どんなあやまちを見ても、自分の犯しかねなかったものばかりだ。」という言葉があります。

 大学院の同級生や先輩や後輩、そして教師に「私は世界平和を実現する」と言い放っていました。たいていの人はあっけにとられるか、ニヤニヤしていました。でも、大まじめに実現しようとしていました。私の中での青写真は「日本が急速に先進国になったように、教育の力によって発展途上国を先進国にして、世界に貧困を撲滅する。それによって世界平和を実現する」というものでした。ということで大学院の1年の時に毎日13時間、研究に打ち込みました。その半数の時間をかけて、発展途上国の教育史、日本の教育史、工業教育史を読みまくりました。

 そして、大学院1年の冬に、嫌々ながら納得しました。本を読んでも一般論は分かるが、具体論が見えてこないのです。絶望しました。「世界平和」、「世界平和」と自分を鼓舞していたものが崩れてしまいました。それと同時に、青年海外協力隊で東南アジアに行き、理科教育を教えるということも訳が分からなくなりました。

 自分の人生が何の意味も内容になるのが恐ろしくなりました。でも、時間はどんどん過ぎていきます。周りの同級生は進路を見極め、具体的に動き始めているのです。私は13時間も研究に費やしたのに、それが分からないのです。

 何週間かかったか、思い出せませんが、結局、具体的に自分に出来ることをやろう、ということを決めました。当時の理科教育では概念研究が盛んになりつつありました。それに関する研究成果もあります。概念研究では統計分析が必要ですが、理学部出身の私には合っています。そして、統計分析も大型コンピュータも使えました。そこで、自分の持っている武器を使うことにしました。そして、自分の持っている武器が以外に強力であることが分かりました。というのは当時の概念研究での統計分析は稚拙なものであり、対象人数も少ないものでした。しかし、私は高度な統計分析も出来るし、数千人のデータを分析する大型コンピュータも使える。

 そこで「日本が急速に先進国になったように、教育の力によって発展途上国を先進国にして、世界に貧困を撲滅する。それによって世界平和を実現する」を自分の出来ることに対象を限定しました。時代は現代、対象は工業高等学校の生徒、それも電子・電気科の生徒です。それらの子どもの持つ電気概念を、普通科高等学校の生徒と比較することによって、工業教育の特徴を明らかにする研究をすることにしました。

 これを始めると、実に私に合っていました。なによりも理学部出身の感覚に合っています。一つ一つのやったことが、具体的な成果として積み上げられます。結果として、その修士論文は二つの学会の学会誌論文に掲載されました。そして、その研究手法は様々に応用できます。それによって私は学術論文を量産しました。結果として、当時の教科教育学の平均的な准教授の業績を遙かに凌駕する業績を大学院在学中に積み上げることが出来ました。

 同時に、自分の進路に関しても、青年海外協力隊で世界平和というものではなく、高校教師という至極普通の職業を選びました。分かってみると、それまでの大学院での色々な経験はそこに繋がっていたと理解できました。

 本当に願うと言うことはどういうことであるかは、今は分かります。私の好きな言葉に「志は高く、現実には柔軟に」という言葉があります。ある意味で、安易な言葉にとられがちです。でも、現実に柔軟であり、かつ、志を高く維持しつつけることは、本当の意志の力が試されます。(http://p.tl/RD4W

追伸 私は「世界平和」とは言いません。言えば、出張が海外になるで、それでは体が持ちません。それは誰かにお願いしたい。