西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

13/10/13(日)

[]目的論 10:29 目的論 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 目的論 - 西川純のメモ 目的論 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 昭和24年に教育職員免許法は成立し、そこに教科教育法という科目が盛り込まれた。その科目担当の人が集まって各教科の学会が生まれた(数学教育学会は例外)。日本の教科教育学は六十数年の歴史があります。

 振り返ってみれば、私が教科教育学に足を踏み入れた時期は三十二年前です。その当時は学会設立のメンバーが健在な時期です。でも、内容は幼いものでした。比較教育学の方法論で、その教科を調べたものがありました。しかし「比較」は無く、ほぼ海外教育の紹介レベルです。これは教育学にルーツがある研究一般に言えるもので、単に対象を一つの教科に絞ったに過ぎません。そのため、古くからある教育哲学、教育史学、教育方法学等の研究者からは一段も二段も低く見られていました。

 教員養成系大学で教科教育法の担当者になったのは教育学関係者ばかりではありません。その教科の背景とする学問の担当者もいました。私が大学院生の時にあった話ですが、某大学の教科教育学の講義で、「私は教科教育学は馬鹿馬鹿しいと思っている。そのため生物学の講義をする」と宣言し、生物学の講義をしたそうです。学生から文部省(今の文科省)に通報があり問題になりました。そんな猛者もいましたが、大多数の人はそんなことはせず、もともとの自分の専門を生かした教科教育学を模索しました。しかし、その多くは「○○の教材化」という研究です。

 それから三十年たちました。それぞれの教科教育学で育った研究者で学会が占められるようになり、その教科独自の方法論も生まれてきました。私も理科教育学でその一端を担いました。

 しかし、発足から六十数年間、ずっと進歩していないのは目的論だと私は思っています。学習指導要領に定められた「内容」を前提とするならば、教科教育学はそれなりに整合性があります。ところが、どのような内容を学習指導要領に盛り込むべきかということに関して、明確な論理もないし、それを裏付けるデータも無いのです。

 例えば、理科の時間を10時間少なくなったとします。そのとき、生物の発生と物理の波動のどちらを削減するかということに関して、学術的に述べる論理が無いのです。あるのは背景となる学問団体の政治力によって決まります。

 背景とする学問が同じ人が集まっているかぎり、その学問の体系によって決めることが出来ます。とくに標準的な教科書がある学問の場合はそれが可能です。そのため、同じ理科の人でも、生物と物理ではそれが出来ないのです。

 これを乗り越えるには、学習指導要領にうたわれた精神と具体の内容をつなげる論理を学術的に構築しなければなりません。さらに、それらは学習指導要領の総則、さらには教育基本法とつなげる論理を学術的に構築しなければなりません。それらの論理は、違った学問を背景とする人の中で合意できるもので無ければなりません。

 しかし、研究者の基本的組織が、学校教育と教科教育に分かれ、教科教育が各科で分かれているのが現状です。そのため、上記の目的論が、もっとも遅れています。それが残念に思えるのです。そのため、政治的な判断に教科学習が翻弄され続けています。教科教育で出来るのは「大事なんだ、大事なんだ」とその教科の人しか納得できない論陣を張るしかない。教科学習がいかに大事かを分かっている私にとっては、残念なのです。

ogymogym2013/10/13 22:41>>子どものごく一部が素晴らしい発言をして、大多数がぽかんとする授業になる危険性が高いと思います。

非常に共感しました。

jun24kawajun24kawa2013/10/14 06:34よくある、教師が素晴らしいと絶賛する授業ですね。