西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

13/10/09(水)

[]女子のゼミ生に伝えたいこと 21:53 女子のゼミ生に伝えたいこと - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 女子のゼミ生に伝えたいこと - 西川純のメモ 女子のゼミ生に伝えたいこと - 西川純のメモ のブックマークコメント

本日、素晴らしい文章に出会いました。少なくとも女子のゼミ生に伝えたい。そして、うまく男をコントロールして欲しい。

夫を持つ妻、男の子に恵まれた母へ…。

『受け入れてほしいとは言いません。

あきらめてください。』

~男たちからのメッセージ~

どうか、あきらめてください。

僕たちは望むべくもなく〝男〟という性を授かって誕生しました。

女性の言う「平均的なありかた」ができず偏ってしまいます。

次から次にやるべき事を言われても、切り替えができません。

ひとつのことにハマり込んでしまうのです。

「冷気が逃げるから早う冷蔵庫閉めて!!」

と言われても冷蔵庫内の探し物が見つかりません。

「勉強しいな!」と言われると意地になってしまいます。

「今やろうと思ってたのに、もうやる気なくしたわ!」

と言ってしまいます。

忘れ物をしてよく叱られますが、体操服は一週間連続着用

OKです。お気遣いなく。

夏休み明けにロッカーに置き忘れていた柔道着から

3ミリのキノコが無数に生えているのを発見しました。

そういえば誕生日や記念日も怖いほど覚えられません。

酔っぱらうとお尻を出してしまいます。

そういえば幼稚園のころはシラフでも出していました。

「しょうもないこと」を言った自分が面白くて、

ずっと笑っていたものです。

今でも自分のオヤジギャグがイケてると思い込んでいます。

「セクハラ」はその行為がいけないのだと思っていて、

まさか自分が気持ち悪がられているなんて気づいていません。

〝挑戦〟が大好きです。

給食のコッペパンを一口で食べれるかに挑戦して

死にかけたことがあります。

四角いマーガリンを8個食べて先生に叱られました。

「スゴい!」と言われるためなら、どんなことでもしてしまいます。

いつも「しょーもないこと」を考えて楽しんでいます。

それこそが創造性につながると信じています。

「カンチョー」をしたら友だちが保健室に運ばれました。

部長の頭に脱毛クリームを塗るとどうなるかを想像します。

運転中でも綺麗な女性がいると後ろを振り返ってまで

目で追ってしまいます。

女性は花束より現金が欲しいことを知りませんでした。

女性の「聞いてくれるだけでいいの」が理解できません。

颯爽と解決に乗りだしたくなります。

女性が感情的になると、どうしていいかわからなくなり

フリーズしてしまいます。共感していないわけではありません。

すぐに心のシェルターに入り込んで心を閉ざします。

女性が幸せそうにしていると心を開くことができます。

お母さんのことが大好きです。

「そんな子、嫌いよ!」と言われたら泣きたくなります。

なにもできなくなります。

妻や我が子、恋人のためなら全世界を敵に回せます。

「甲斐性なし」と言われると生きる目的をなくします。

妻に愛され尊敬されることを人生で一番願っています。

褒められ、おだてられ、コロがしていただくと幸せです。

僕たちはこれでも、

女性に愛され、尊敬されるために日々がんばっています。

「受け入れてほしい」とは言いません。

「違いをアキラかに認メル」ことを望んでいるだけです。

お願い。どうかアキラメテくださいね。

もちろん、僕たちもがんばります。

ただ、理解し合いたいだけなのです。

オトコ代表より

(心理カウンセラー 林恭弘)

[]現状認識 21:32 現状認識 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 現状認識 - 西川純のメモ 現状認識 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 『学び合い』に対する批判に、子どもたちでは無理だという批判があります。それは現状認識の違いから生じます。

http://p.tl/kaNG

http://p.tl/1La1