西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

13/09/11(水)

[]授業参観 21:21 授業参観 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 授業参観 - 西川純のメモ 授業参観 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日、ゼミ生の教育実習を参観しました。私を超えていることは確かです。一斉指導の私だったら、色々の突っ込みはあります。しかし、『学び合い』の私からは、願い・折り合い・立ち居振る舞い、立派なものです。誇らしいです。

[]ゲバラ 20:01 ゲバラ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ゲバラ - 西川純のメモ ゲバラ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 久しぶりにゲバラが我が子に贈った言葉を思い出しました。それは以下の通りです。

 『世界のどこかで、誰かが蒙っている不正を、心の底から深く悲しむことのできる人間になりなさい。それこそが革命家としての、一番美しい資質なのだから。』

 私は革命家になりたくありません。だって、幸せな最後は迎えられないから。ましてや我が子になって欲しくない。でも、そのような共感能力を持って欲しい。世の中で活躍するに必要な能力は、話がうまくて、人の喜びと悲しみを共感する能力だから。

 『学び合い』においての壁は声高に『学び合い』を非難する人ではありません。ごくごく普通の先生方が、2割の子どもがどれほど苦しんでいるかを感じられないことにあります。そして、その2割を見捨てて大人になる8割の子どもの将来を恐れられないことです。しょうがありません、教師になる人は学校教育フィットし、まともな家庭で育った人が大多数ですから。

 でも、少なからざる教師が、その苦しみに気づいています。ただ、それを目視すれば苦しくなることが分かるから、それを無意識に気づかないようにしています。我々は最後は死ぬことを知っているのに、それを恐れて毎日を過ごしていないのと同じです。そのような方々に、2割の子どもの苦しさを直視し、そして「まし」になる道があることを知って欲しい。

toukonyukitoukonyuki2013/09/11 22:24問題を起こして教師の頭を悩ませる生徒のほとんどが低学力…と思うのは気のせいでしょうか?低学力の子ども達のためにこそ、教師がいるですよね。でも、「勉強分からなくても黙って座って、他の生徒の邪魔をするな」って…コレって、普通のことなんでしょうか…。悲しみは感じられても、自分ができることの小ささに、毎日くじけそうになります。

jun24kawajun24kawa2013/09/12 07:18我々は凡夫です。だから出来ることは小さいこと。だから『学び合い』では教師は一人で背負わず、まず2割の子どもといっしょにやる。やがて8割の子どもと一緒にやれます。だから、一人でやるよりかなり「まし」になります。辛いときは、直ぐに完全に解決する道を求めます。でも、そんなことは無理です。だから時間をかけて「まし」になるものを積み上げましょうね。