西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

13/09/09(月)

[]授業検討会 21:09 授業検討会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 授業検討会 - 西川純のメモ 授業検討会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 以前、ある小学校でゼミ生の提案の元に検討会が開かれました。テーマは今後の全校『学び合い』をどのように改善するかです。その話し合いに参加したい人は休み時間に集まってと声がけしたら色々な学年の子が二十人強集まりました。そして、先生方と話し合いがありました。

 子どもを教育に関わらすべきでは無い、というお考えの人もいます。しかし、それは校長だけで決めている学校と同じです。

 でも、大人と子どもは違う、と普通の人は言います。でもね。大人の学校だって、最終決定権は法律上は学校長にあります。でも、職員の力を引き出す人は、どのようにすべきか。それと同じなのです。

[]授業検討会 18:17 授業検討会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 授業検討会 - 西川純のメモ 授業検討会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日、ある学校の授業検討会に参加しました。この学校は毎週、全校『学び合い』をやった後に、その日の授業を職員間で振り返ります。こじんまりとした学校ですので、アットホームな会です。そこでの先生方の話を聞きながら、この話をダイレクトに子ども達に聞かせたい、と思いました。つまり、授業検討会の画像を教室に流すのです。みたい子どもは見るでしょう。そして、そのような子が『学び合い』の質を決めます。

 我々には隠すようなものはないのだから。

[]ジャンプアップ 07:23 ジャンプアップ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ジャンプアップ - 西川純のメモ ジャンプアップ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 同志の方々へ。

 『学び合い』ジャンプアップで紹介した合同『学び合い』、全校『学び合い』の潜在的な価値の大きさを理解して頂ければと思います。

 1校時の殆どを子どもに任せた『学び合い』の合同『学び合い』、全校『学び合い』「だけが」、教師の定常的な学び合いを可能とするものです。

 それだけが、定常的にやれます。何故なら、時間割調整も不要で、準備も不用だからです。また、授業公開の後の検討会と違って、その場で話し合えます。それ故に、子どもをネタに雑談が出来ます。

 今、教師集団に不足しているのは雑談なのです。膨大な雑談によって自己開示が出来る。それによって血の通った質の高い議論も出来る。負のスパイラルに陥る前に、相談できる。

 全校『学び合い』を始めた学校の校長がかつて言いました。「先生方が職員室にいる時間が長くなった」と。みんな本当は雑談がしたいのです。