西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

13/09/08(日)

[]風立ちぬ 18:57 風立ちぬ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 風立ちぬ - 西川純のメモ 風立ちぬ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日、「風立ちぬ」を見ました。私的には絶賛です。でも、2回は見ません。というのは、ハッピーエンドでは無いからです。

 しかし、見ていて不思議な感じがします。一つの映画では無く、いくつかの映画の合体のように感じるのです。ストーリーは一貫しています。色調も同じです。しかし、絵のタッチ微妙に違うのです。かなり凝っていて、ストップして観察すれば、かなり遊び心を楽しめると思える部分もあります。ところが、一見してエラーと思える部分もあります。例えば陰の方向の統一性など。演出なのかなとも思えるのですが、他の部分ではそのようなエラーは無いのです。つまり、チェックが弱い。おそらく、複数のチームの合算のように思います

 ですが、とても映画であることは確かです。私的に。

[]アンバランス 07:13 アンバランス - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - アンバランス - 西川純のメモ アンバランス - 西川純のメモ のブックマークコメント

 亀井勝一郎は私の中学校から大学まで最も影響を与えた作家の一人です。私の大好きな言葉に彼の「羅漢は何かに没頭する姿の象徴である羅漢視野は狭く、如来の間は遠く離れている。しかし、羅漢のみが如来に至ることができる。」という言葉があります。大好きな言葉です。

 昨日、「バランスの良い若者のになるな」とゼミ生に語りました。

 どんな人も、与えられた時間は同じです。その時間バランスよく使ってしまえば、可も無く不可も無くの人になります。何かをなそうとすれば、何かを諦めねばなりません。そうでなければ、何かをなす時間を生み出す方法は無いのです。

 人との折り合いをつけながら年を重ねれば、自ずとバランスはつくものです。私も結婚してから家内指導して頂いて貰っています。とほほ

 そして、もう一言付け加えました。バランスのある年長者に繋がることを。それも出来れば複数。

 私の場合大学で二十数年間お仕えしたT先生です。若い頃、毎日、1時間以上、ありとあらゆることを話し合いました。直近の打ち合わせから、長期展望まで。それを1円365日のうち、300日以上話していました。それを二十年間ぐらい続けていたのですから、六千日以上話していることになります。とにかく何でも話しました。それによって私は自分リスク管理をしていました。