西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

13/08/29(木)

[]ベストフィット 07:03 ベストフィット - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ベストフィット - 西川純のメモ ベストフィット - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ネットサーフィンしていると、『学び合い』に関して書いている方は多くなったようになります。もちろん、賛否両論です。批判の中に、「子ども同士で教え合ったとても分かるわけはない、患者がいくら集まっても医者がいなくても病気を治せないだろう」というものがあります。

 この誤解は、三つのことを理解していないために生じる誤解です。

 第一は、子どもたちの大多数が分からないこと、そして、そのために学習を放棄している原因は何か?ということを理解していないのです。教師になるような人は、その教科が大好きな人です。その大好きな人が悩むことと、多くの人が悩むこととは違います。しかし、教師になるような人は、それが分かりません。これは理解できないのは当然です。

 教師になるような人が悩むことであれば、子ども同士では解決できない可能性があります。でも、実際は違うのです。

 医者の例で言えば、我々病気の大多数はバランスの良い食事と睡眠を十分とれば自然に治ることです。これだったら素人が、「暖かいものを食べて、十分に寝なさい」というアドバイスで十分です。事実、大多数の子どもが悩んでいるのは「数概念の形成」なんていうレベルの疑問を持つのではなく、「容積って何?」というレベルの疑問なのです。これに対しては隣の子どもが「あ、体積と同じで、縦横高さをかければいいんだよ」で済みます。

 誤解の第二は、現状の子どもの能力と取り巻く環境の変化です。

 今は3割以上の子どもが塾・予備校・通信教材・家庭教師で学んでいます。親も高学歴化して、小中レベルのことだったら教えられます。親の中には教員免許状を持つ人も少なくなくなっています。そして良質な参考書・問題集・映像教材が安価に世にあふれているのです。

 医者の例で言えば、子どもたちの3割程度は医者とは言わなくても、インターン程度の教育は受けているのです。どの学校段階、どの教科であっても、教師は成績中位、もしくは中の下に合わせた授業をしています。つまり、脱水症状がひどければポカリスエットを飲まし、熱が高ければ解熱剤を飲ませる程度の病気をターゲットにしているわけです。その程度の病気だったらインターンでも治せます。

 誤解の第三は、学校教育で求めているレベルです。これは第一の誤解と同じなのですが、教師になるような人が求めるレベルは、学習指導要領で求めているレベルとは違うことが分からないのです。義務教育段階の学習指導要領で求めているのは、日本人が全て獲得しなければならないレベルのことを書いているのです。これは圧倒的大多数の子どもが学ぶ高等学校においても同じことでしょう。従って、教師になるような人が達したレベルとは違います。私は教師になるような人が達したレベルを目指すのを否定はしません。ただ、優先順位としては、国民全員が達成すべきことをクラス全員が達成した後だと思うのです。

 医者の例で言えば、最先端医療だけやって、風邪や下痢やインフルエンザの治療をしていない一般病院があれば、そりゃおかしいだろう、と思うのと同じです。

 私にとっては至極当然なことが、よく分かって貰えない。おそらく、「一人も見捨てず」ということが優先順位が低いために起こることだと思うのです。そして、学校教育は何故あるか、つまり「人格の完成」と日々教えている内容とどのように結びつけるかをあまり考えなくてもいい現状に原因があるのだと思っています。