西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

13/08/27(火)

[]読書 22:02 読書 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 読書 - 西川純のメモ 読書 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ゼミ生の読んでいる本を横目で見ていると、「うらやましいな~」っと思います。第一に今やるべきことではなく、役に立つか立たないかからない本を読んでいます。そして、その本の量が多いのです。

 私も小学校中学校高校、そして大学の時はそうでした。しかし、大学院の頃になると、直ぐに役に立つ本を読むようになりました。そして、結婚するようになると、読む本の量が激減しました。

 何故だろうと思います。かつては自分のことをすればよかったのです。仕事いかに忙しくとも、それを終われば自分時間になりますしかし、結婚すればそうではなくなります仕事を終えれば、家庭の仕事をしなければなりません。その合間を縫って、全国から来る質問メールに応えなければなりません。今は、殆ど「私」の時間はありません。

 今、ブックオフに行って、老後に読みたい本を105円コーナーで探すのが楽しみです。その多くは、私が大学院前に読んでいた本です。表紙を見て、ページを開くと、思い出すことが少なくありません。読みたい、と思います。でも、そんな時間はありません。本当に本を楽しむためには、ま、2時間程度は集中できる時間必要です。そんな時間は、遠方の出張の際の電車の中しか今はありません。

 今は、老後が楽しみです。子育てを終えたあとの家内との関係だけでクローズし、ゆっくりと過ごしたい。

[]指導教員 21:43 指導教員 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 指導教員 - 西川純のメモ 指導教員 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ま、私自身が出来なかったことですので、言える立場では無いですが・・・

 私の尊敬する大学人の先輩(のちに学長になりました)が、学部生に言ったことです。大学生になって決めなければならない3つのことです。それによれば、第一は、自分の進路、職業です。第二は、恋人であり、それは生涯の伴侶に繋がることです。そして第三は、指導教員です。

 指導教員は第三番目ですが、これを過てば、2年間をどぶに捨てます。いや、捨てるだけでは無く、地獄の日々になりますさらに、職業選択を誤り、恋人さえ見いだせなくなります恋人は三十年、四十年、五十年の連れ合いになります指導教員はたった2年ですが、今後の人生おいて決定的な2年間の連れ合いになります。が、それを考えて、じっくりと決める人は多くありません。その人の看板レッテルで選んでいるように思うのです。

 大学院学生さんとは、「入学前にやりたいことと修了時にやり遂げたことと一致していたとしたら、何も学んでいないことです。大学院最初にやるべきことは、入学前には思いもつかないことが大事であることを学ぶことです。入学前にやりたいことをやるとしたら、そりゃ大学院に入る意味は無い。そんなことだったら時間を作れば、仕事の中で出来ること」と言います。が、ま、分かりません。

 小学校中学校高校までは学習指導要領があります。だから、どんな人に学んでも最低限の共通性がありますしかし、大学大学院研究はそれがありません。人なのです。何故、その人のなしたことをじっくりと事前に調べないのか。進学する学校情報を調べるエネルギーの半分も、指導教員のことを調べないのか、と思います自分の賭ける2年間とはどれほどの価値があるのか・・・・。大学入試と同じで、ラベルで選ぶ人が大部分でしょうね。

 ま、私自身が出来なかったことですので、言える立場では無いですが・・・・。

 私は出来ませんでしたが、出来る人もいますhttp://p.tl/ScH2