西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

13/08/14(水)

[]学び合う能力 21:54 学び合う能力 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 学び合う能力 - 西川純のメモ 学び合う能力 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 “学び合い”と『学び合い』では学び合う能力の捉えがだいぶ違うと思います。

 “学び合い”の場合は学び合う能力をテニスの能力のように捉えているようです。つまり、組織的に教えない限り出来ないが、組織的に教えればかなりのレベルまで行けると思っているようです。

 しかし『学び合い』では、一面、喋る能力のように捉えます。つまり、それほど組織的に教えなくとも、人間社会で育ては殆どの子は喋ることが出来ます。しかし組織的に教えてもそれほど喋る能力は上がりません。それ故、「しゃべり方」の本が書店にあふれているのです。

 実は喋る能力は関係によって決まると『学び合い』では考えます。同じ、人であっても、語る相手によっては雄弁にもなり、寡黙にもなります。そして一定数以上の集団になれば、雄弁になる人は一定数いて、寡黙なる人も一定数います。考えてもみて下さい。もし、教員集団だけの話し合いであれば、若い教師は寡黙になります。でも、出身大学の後輩の前では「教育とはね」と雄弁になるでしょう。

 これらの学び合う能力のとらえ方の違いは、教師の指導の違いに現れます。

 “学び合い”では、一人一人に学び合う能力を教えようとします。多くは、学び合う「型」を教えます。それによって、学び合う能力が伸びると思っています。

 『学び合い』では、教えなくてもある程度は出来るし、逆に教えてもある一定以上は無理と考えています。では、どうするか、その関係の中で学び合う能力を存分に発揮でいる一部の子どもが、自分のためだけにそれを発揮するのでは無く、みんなのために「も」発揮することが、自分のためだけにそれを発揮するより「得」であることを説明します。

 教師の悩みの八割は二割の子どもの言動から発します。今までは、その二割の子どもを動かそうとします。でも、無理です。歴代の担任が挫折したことですし、次の学年の担任もそうでしょう。その子は教師と相性が悪いのです。

 『学び合い』ではそんな非効率なことはしません。どんな状態でも、教師の言葉に耳を傾ける子どもを動かそうとします。教師がちゃんと語れば、2割の子どもは動きます。その子どもが動けば、6割の子どもが準拠した行動をします。そして、併せて8割の子どもの関係の中で、教師の悩みの種である二割の子どもを動かせるのです。

 教師がちゃんと語れば動く2割の子どもがどれだけ本気で動くかが鍵です。その際、本当に愛を持っているか、それも依怙贔屓にならない愛を持っているかがポイントです。これは「一人も見捨てない」という決意に勝るものはないと思います。と、どんどんと深めたのが『学び合い』です。そこには“学び合い”のテクニックとは全然違うものが生まれます。