西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

13/08/12(月)

[]一人も見捨てない 21:33 一人も見捨てない - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 一人も見捨てない - 西川純のメモ 一人も見捨てない - 西川純のメモ のブックマークコメント

 「一人ぐらい、見捨てていい」と思っている教師なんて殆どいません。でも、『学び合い』ほど「一人も見捨てたくない」という気持ちは強くありません。

 例えばです。「国語の深い読みを理解させたい」という願いがあったとします。これはどの教科でも読み替え可能でしょうね。その願い自体は尊いことです。否定するつもりはありません。

 しかし、「でも、その国語の深い読みを理解させるための授業はクラスの中の何パーセントぐらいは分かるでしょうか?」と問いかけるのが『学び合い』です。それがなくて「国語の深い読みを理解させたい」なのが『学び合い』以外です。そこで、『学び合い』の人が「でも、その国語の深い読みを理解させるための授業はクラスの中の何パーセントぐらいは分かるでしょうか?」聞かれることは不愉快だと思います。そして心の中に、「そういう時間もあっていいじゃないか」と思うでしょう。つまり、その時間は「一人ぐらい(実際はクラスの5割強)を見捨ててもしょうがない」と思っているのです。「そういう時間もあってしょうが無いだろ」でしょうね。ま、理解できますが、それが『学び合い』ではないということです。

 でも、それを言えば、「じゃ、どうすればいいんだよ」と言いたくなるでしょうね。だから、『学び合い』なのです。「一人も見捨てない」ことを実現するには、一人の教師では無理なのです。だから、クラス全員が教え手になり、学び手になるしか実現可能にはなりません。

 「ま、しょうがないじゃない」でとどまらず、徹底的に「一人も見捨てない」に拘り続けたのが『学び合い』です。

追伸 上記より理解が難しいのは、実は「一人も見捨てない」というこことを追い求めることが成績上位者の「国語の深い読み」を獲得する道であるということは、『学び合い』の実際の子どもの会話を「長期間」聞かない限り分からないことです。そして、もっと難しいのは「国語の深い読み」だけではなく、「その子の一生涯の幸せとは何か?」にも繋がることです。これが分かるには、学校教育の目的は何か、つまり人格の完成と教科の個々の学びとの関わりを理解することが必要です。これは学習内容でぐるぐるしている限りは出せない応えです。