西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

13/08/08(木)

[]頭を下げる 09:34 頭を下げる - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 頭を下げる - 西川純のメモ 頭を下げる - 西川純のメモ のブックマークコメント

 尊敬すべき人生の先輩から、男が土下座していいのは妻だけだ、と教えて貰いました。そして、妻にはどんなに土下座をしてよいと教えて貰いました。

 妻同士が集まれば、旦那の品評会が盛んになります。それは夫も集まれば同じです。現職院生たちと私が家庭の話をすれば妻の話が出てきます。そのうち彼女持ちの学生も参加するようになります。

 その際、現職院生や学生によく話すことです。

 『何故、夫が妻に頭を下げるのは何故か?そりゃ、得だからだよ。頭を下げたくないならば、家庭内でやっていることを妻と自分で交換すればいい。そうすれば頭を下げる必要は無い。でも、嫌でしょ?つまり、妻がやってくれること、それはとても大変なこと。それをやって頂いている。大多数の男はバカでは無いから、頭を下げている。』

 息子を育てると色々なことが分かります。小学校高学年以降の息子に接する仕方が、私に接する仕方と全く同じなのです。つまり、「やらせれば、やれると思っている」、「自分の求めていることは絶対に正しいと信じ切っている」のです。ま、言われた当初は「え~」と思うこともありますが、しばらくすると家内の求めていることは妥当であることが分かります。

 ということで、男は伴侶に頭を下げることは良いことだと、ゼミ生には詳細な分析と豊富な事例をもとに30分以上説明しています。前にも書きましたが、おそらく『学び合い』以上の熱心さで語ります。とても大事なことだから。

追伸 男のゼミ生には、女性は独身でも美しく老いることが出来るが、男は情けない生物だから、それは出来ないと私は言います。一人暮らしの男性の死因は「不潔だ」と言います。男とは女性に比べて、弱い生物だと思っています。