西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

13/08/07(水)

[]『学び合い』でのICT 08:11 『学び合い』でのICT - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 『学び合い』でのICT - 西川純のメモ 『学び合い』でのICT - 西川純のメモ のブックマークコメント

 遙か昔、私は理科教育での教育工学の専門家として大学に採用されました。私の最初の講義は、教育工学についてなのです。当時は大型コンピュータを駆使し、パソコンを組み立て、アセンブラでプログラムを作り、インターフェイスを自作し、人工知能言語でプログラムを書きました。そして、その手の研究で論文をいくつも書きましたが、その手の研究は実践には役に立ちません。

 研究の世界で生きようとしたならば、最先端の技術の可能性を追い求めます。しかし、学校現場は最先端の技術を使いこなす時間は無いし、使いこなしても、直ぐに時代遅れになってしまう。第一、最先端の技術を使いこなすための機器は高く、リアリティはほぼありません。

 『学び合い』にシフトした後も教育工学には興味を持ち、研究をしました。ただし、実践に本当に役に立つ研究です。ポイントはいくつかあります。

 第一に、業務用のハード・ソフトは使わず、民間用、それもコンピュータが相対的に不得意な人も使っているレベルのハード・ソフトを使います。つまり、使うとしてもワード・エクセル・一太郎レベルに限り、専門のソフトは使いません。ハードとしては十数万円以下のコンピュータやipad、簡易型のプリンターやデジカメ程度しか使いません。学校現場は、上記以外を使いこなす時間も金もありませんから。このあたりはコンピュータの得意な人が忘れることです。

 第二は、利用方法は子どもに任せます。ICTの実践の場では、必然性より可能性が先行しているようです。そして、ICTの得意な人が「これが凄いです」と売り込みます。しかし、ひ「必然性」がないので定着しません。

 私が大学院の時、CAIがもてはやされていました。大抵はコンピュータをクラス人数分揃えて、そこから出発します。そして、それを使い切るにはどうしたら良いかを考えます。これって本末転倒ですよね。本当は、必然性があってツールがあるのに、ツールがあって必然性があるということです。

 では、どうしたらいいか。人数分のコンピュータやipadを揃えてから、さあ使えではなく、まず、数台のコンピュータやipadをユーザーである子どもに渡すのです。そして、子どもたちがどのようにそれを使うかを見て、必要があれば台数を増やせばいい。必然性があるのですから、必ず定着します。コンピュータの得意な人が、こう使え、ではなく、使いやすい環境を与え、使い方は自由にするべきだと思います。

最高のツールは「人」です。人を中心にして学習を考え、それをつなぐツールとしてコンピュータを考えるべきだと思うのです。どうも、ICTを使いたいという願いが先行しすぎているように感じるのです。

 以上まとめると、実は、『学び合い』自体がICTなのです。

追伸 逆に言うと、コンピュータの得意な人が、ハイテクを先行し、必然性より可能性を先行させたICTがもてはやされています。結果として、「使いたくも無いのに、使えと言われてやっている」学校や人を知るにつけ、三十年前に見たことをデジャビュする思いです。結局、そんなものは廃れて、次の時代には繋がりません。民間用の機器やソフトが、研究と無関係に必然性の中でもまれ選択され、残ったものが次の時代に繋がります。