西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

13/08/04(日)

[]全部やっているのですか? 07:18 全部やっているのですか? - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 全部やっているのですか? - 西川純のメモ 全部やっているのですか? - 西川純のメモ のブックマークコメント

 よく聞かれることですが、「『学び合い』を実践している方は、全部『学び合い』でやっているのですか?」と聞かれることがあります。私は「人それぞれです。でも、『学び合い』が分かれば、その人が『学び合い』をやっていないと思っているときも『学び合い』をしています。例えば、子ども達集団が育ってくれば、長々説明しようとしても、子ども達が「もういいよ。早く任せてくれよ」というオーラを出します。教師の方も、それを感じることが出来るので、「もういい?いいの?じゃ、どうぞ」となってしまいます。」と説明します。

 しかし、もう少し、説明を加えた方が良いな、と思いました。

 『学び合い』を理解するには、職員室に置き換えるとわかりやすい。一般の授業における教師の立ち位置は、職員室における先輩教師の立ち位置と同じです。つまり、基本的に同じ仕事をしている。ただ、その仕事に熟達しているものと、初心者との違いです。質的な違いは無く、程度の問題なのです。例えば、深い教材理解、というのも程度の問題で質の違いではありません。

 『学び合い』における教師の立ち位置は、職員室における校長の立ち位置と同じです。つまり、基本的に別な仕事をしています。部屋も別です。教師は授業をやっており、校長は学校運営をやっています。程度の差では無く、質的に別な仕事をしているのです。

 例えば、校長の机が職員室にあって、若い教師の指導案とか教材作りのアドバイスを頻繁にしたら、どう思います。そんなことするぐらいだったら、外回りをちゃんとして、対外的な交渉を行い、予算を獲得し、自分たちの人事をやってほしいと思うでしょ。

 だから、『学び合い』で教師はどのように動くべきかを考えるとき、職員室における校長に置き換えると分かりやすいのです。

 校長にも色々です。細かく指示を与え、一つ一つホウレンソウを求める校長がいます。一方、達成するべきことが明確で、その意義を説得できて、職員集団を信じて任せ、細かいことは言わない校長がいます。簡単に、前者を一斉指導校長、後者を『学び合い』校長としましょう。前者は、基本的に先輩教師の立ち位置なのです。

 さて、最初の質問は「『学び合い』校長は、どんなときも『学び合い』校長なのですか?」という質問に置き換えられます。今までお仕えした校長を思い起こして下さい。純粋に一斉指導校長は少ないだろうし、純粋に『学び合い』校長は少ないと思います。程度の問題なのです。でも、純粋な『学び合い』校長に近づけば、近づくほど、職員集団は任せられていると信じるでしょう。逆に、純粋な一斉指導校長に近づけば、自分たちでものを考えず、指示待ちになるでしょう。だから、職員集団の力を引き出そうとすれば、純粋な『学び合い』校長に近づいた方が、効率が良いのです。

 とわいうものの、校長はリスク管理をしなければなりません。自分なりに、どこは任せて、どこは任せられないというものがあって当然です。ただ、その場合は、それを明確にすることが大事です。そうでなければ、管下の職員がどのように動いて良いか混乱するからです。そのためには明文化し、管下の職員(つまり子ども達)に公開し、自らもそれに縛られる必要があります。

 西川ゼミは、完全無欠に『学び合い』で運営され、一般には信じられないほどの自治が与えられています。しかし、例外はあります。そして、それは明文化しています。http://p.tl/1GKJ

これは小学校1年の担任であっても必要なことだと私は確信しています。