西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

13/08/01(木)

[]方法から考え 21:40 方法から考え - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 方法から考え - 西川純のメモ 方法から考え - 西川純のメモ のブックマークコメント

 『学び合い』の最初はだれしも方法からです。それは昔から同じです。でも、その中でその人の「願い」を強く感じる場合もあります。つまり、「よい授業とな何か?」ではなく、「教え子を全員幸せにしたい」という比率の相対値なのです。両者は究極においては一致するのですが、途中過程は違います。そして、途中過程が違うと、最終的な姿が違うのです。

もし、「教え子を全員幸せにしたい」と願うならば、それが出来ない教師も巻き込むことが必然です。なぜならば、自分の教え子を来年託す教師が自分のとは違う人なのです。だから、自分と違う人に寛容になれます。折り合うのです。それを実現するには個では無く、集団に目を向けるしかありません。

私の高校の教え子の保護者(?)の中には鬼畜のような人もいました。でも、救えなかった。自己合理化しました。でも、納得できなかった。でも、子を持てば、若造の教師である私には鬼畜と思える人も、その人自身が救われるべき人であることは分かります。その鬼畜と思える保護者を救わなければならないのです。そのトラウマがある、だから授業ばかりではなく、学校を考えるし、地域を考えることになります。

第1回フォーラムの時には同志と言える人は、ゼミ生と少数人数でした。本はそれなりに売れましたが、『学び合い』は「面白い」というレベルです。数ある授業方法の一つであり、一つに飽きれば、一つに移るレベルの人です。たしかに方法レベルであれば、それもアリだと思います。でも、『学び合い』の本当の根幹は「教え子を全員幸せにしたい」です。そのためには、教師も社会も幸せにしなければならない。それを実現するには学校観、子ども観が唯一の道だと確信しています。

巡り巡ってフォーラムは9回目になりました。つまり最初のフォーラムから8年たったのです。徐々に、本当に願いを共有してくれる同志が増えました。もちろん、置かれた環境でどこまで出来るかは違います。私だって教職大学院の中で出来ることと、出来ないことがあります。でも、『学び合い』の願いの行き着く先に光を感じ、自分の出来ることをやっている同志が8年前には想像できないほど増えました。ありがたいことです。そして、授業レベルの実績から、学校レベルの願いを持つ人の割合が増えてきています。それは、上越に参観に来る校長レベルの人の数でハッキリ現れています。

一人で立っていくのは誰しも辛いことです。仲間を見いだし、生みだし、それによって自らを幸せにしましょう。それが学校観です。それによって、自分も含めて一人も見捨てられない道です。

[]化学反応 19:46 化学反応 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 化学反応 - 西川純のメモ 化学反応 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は日本中の『学び合い』の同志と繋がっており、直に合って仕事をした人がいます。本当に全国には色々な人がいます。その中で、「この人があの人と繋がると面白いだろうな」と思うことがあります。私にメールで相談している人とメールのやりとりをしている中で、「これだったら、あの人と話せば分かって貰えるのに」と思うことがあります。

 『学び合い』で子どもを見ていると、人間は関係の生物であることがよく分かります。まるで化学実験をしているようです。

 『学び合い』フォーラムが8月3日と4日に福島であります(http://manabiai.jimdo.com/)。そこでどんな化学反応が生まれるか楽しみです。

[]千葉の会 06:23 千葉の会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 千葉の会 - 西川純のメモ 千葉の会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 9月7日の『学び合い』千葉の会の詳細です。お誘いします。

9月7日(土曜日)『学び合い』千葉の会を開催します。

http://kokucheese.com/event/index/105598/

https://twitter.com/1hjm/status/362561311973974018

https://www.facebook.com/groups/234721476575394/permalink/531382546909284/