西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

13/07/18(木)

[]夫婦 21:30 夫婦 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 夫婦 - 西川純のメモ 夫婦 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日は中学校1年の息子は「お泊まり」です。

 ということで、本日の夕食は家内と二人きり。2時間ほど、たわいもない話を含めてだらだらと晩酌をしました。老後の練習ですね。楽しかった。

[]ユーレカ 18:30 ユーレカ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ユーレカ - 西川純のメモ ユーレカ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 長年分からなかったことが、急に分かって「分かった!」という感激はこの年になるとなかなかないものです。久しぶりに、本当に、久しぶりに味わうことが出来ました。

 今、私の所に某大学の博士課程後期課程の学生さんが『学び合い』を学びに来ています。専門は国語教育学です。そこで、議論の中で国語の陶冶価値を聞きました。他教科に比べたときの国語の陶冶価値です。最初は、一般的な国語の人が言う陶冶価値を再確認し、その後、それを他教科の陶冶価値と比較しながら次々に潰していきます。

 大抵の教科の専門家は他教科のことを知りません。教科横断的な学会でも、大抵は自分の専門教科の話ばかりを聞いているのが実情です。だから、他教科と比較しての特徴はあまり考えません。

 宿題を与えて、数時間後に再度議論しました。失礼ながら、「コミュニケーション」等の呪縛から逃れられないと予想していました。ところがです。その学生さんの最初に出た言葉が「国民意識をつくる」という言葉です。その瞬間に頭のもやが晴れ渡りました。

 数学、理科、体育、美術、音楽などは汎世界的なものです。もちろん詳しく吟味すれば文化的背景と関連づけることは可能ですが、少なくとも小中高の学校教育レベルであれば汎世界的と言えるでしょう。国語はすぐれて「日本」というものに直結しています。もちろん、社会との棲み分けをどうすべきかを吟味する必要があるでしょう。しかし、方向性としては合っているという直感があるのです。おそらく、社会以上に「日本」の精神的なものを直接的に学ぶことが出来る何かがあると感じます。

 そうなれば私の思考回路はフル回転です。その次元で、現代文や評論文や古典や漢文という様々な分野も陶冶価値で整理出来そうな見通しがつきます。更に言えば、英語の陶冶価値も見えそうに感じます。つまり、「日本」ではなく「人類」というものを学ぶ意味があるのでは無いかと思うのです。そうであれば、英語の教材は英米文学が最終到達点では無く、国連憲章や諸外国との条約なども教材になるように思うのです。

 私の頭は、今、ヘトヘトです。でも、楽しい。新たな視点に立てば、教科の可能性はもの凄く広がります。

 異質な人との会話は実り多いと感じました。感謝です。

追伸 言うまでも無いことですが、が、最近は忘れられている場合が多いので蛇足ながら書きますが、私の研究者としての出発点は理科教育学です。でも、今、他教科との関わりが多くなったので、かえって理科の美しさと可能性も見えるようになりました。

[]残念 13:05 残念 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 残念 - 西川純のメモ 残念 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ゼミ生がTOSSの特集号を見せてきました。学び合いに対する批判の特集号でした。ワクワクして読みましたが、前回と同様で「学びの共同体」を主に想定しているものでした。幸い、前回に比べて『学び合い』と混同している部分は少なくなっていました。『学び合い』かな?と思われる部分は一カ所で、粗い遠景画像から想像をしているレベルのものでした。残念でした。まだまだ格が違いますね。

[]感謝 07:07 感謝 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 感謝 - 西川純のメモ 感謝 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日は地域体験学習で息子は「お泊まり」です。息子はワクワクしています。それが証拠に、いつもは6時に起こしても「眠い」を連発してなかなか起きないのにもかかわらず、今日は5時半に目を覚ましました。

 直ぐにチュッチュッして、なでなですると可愛い顔でご挨拶。息子の顔を見ながら「神様、仏様、ご先祖様、感謝します」と心で念じました。

追伸 息子によると、保護者の見送りは駄目だと、釘を刺されたそうです。親ばかの気持ちが分からん!