西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

13/07/12(金)

[]洗脳 21:56 洗脳 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 洗脳 - 西川純のメモ 洗脳 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 テレビで「ウェイヴ」のことが取り上げられていた。つまり学校で「洗脳」をやったらということです。でも、私にとって日本の普通の授業が洗脳以外の何者でもありません。どう考えても、日本社会でやったら独裁国家(まあ、とても有能な啓蒙君主)とした思えません。

 では、『学び合い』はどうか。集団の中で規範を育てています。これは教育の基本的な機能であると思います。そして上記のように『学び合い』以外もやっています。では、ウェイヴとどのように違うか。いろいろあります。

 それは集団の規律を目的としていない点です。あくまでも個人の利害を実現することを前面に出しています。

 問題解決の方法として個人を排除することによって解決しない。つまり、人と長い時間をかけて折り合いをつけます。

 おそらく、この2点は決定的な違いだと思います。これは『学び合い』の考え方が分かるか否かの試金石ですね。前者は学校観に対応しますし、後者は「一人も見捨てない」という願いに関わることです。

[]新潟講座 08:49 新潟講座 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 新潟講座 - 西川純のメモ 新潟講座 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 夏休み後半に上越教育大学教職大学院のメンバーの連続講座があります。県内外のだれにでもオープンです。私は7月29日に担当します。演題はこの5年間喋っていない「不真面目な子なんていない」です。乞うご期待。http://p.tl/2LZM

[]陸の王者 06:29 陸の王者 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 陸の王者 - 西川純のメモ 陸の王者 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 自分にとってごく普通なことが、他者にとってはとてつもなくびっくりすることってありますね。

 西川ゼミ集団の凄さは知っているつもりでした。しかし、そこではごく普通にこなすことを、普通の集団がやればパロディみたいな悲惨な状況になることを最近再確認しました。

 西川ゼミは若く多様なゼミ生がいます。そこに現職院生の常識と経験が兼ね備えているのですから、そんじょそこらの学校の職員集団より遙かに上回る力があります。今は受験で手一杯の学卒院生と学部4年生ですが、もうすぐ戦線復帰です。教育実習から戻れば学部3年生も戦力になってくれます。

 そう考えていたら、ふと慶応の応援歌である若き血の最後の一節「陸の王者 慶応」というフレーズがフルオーケストラで頭に浮かびました。夏休みからフルスロットで、「自分の心に響き、多くの人の心に響く教育研究を通して、自らを高め、一人も見捨てない教育・社会を実現する」を実現するぞ~

 新年度になって、自信を失うことが定期的に続いていましたが、なんか勇気がわきました。教員養成系大学における最強の集団だ~~

 ま、指導教員バカです。