西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

13/07/08(月)

[]伝記 17:06 伝記 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 伝記 - 西川純のメモ 伝記 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 当たり前のことであるが、伝記になる人は特別な人です。生まれたときはごく普通だった人(もしくは、普通だと見えた人)が特別な人になるには、特別なことがあるからです。特別なものから面白い。私も小学生の頃、考古学者や科学者数学者偉人伝を読み、自分もこうありたいと夢想したものです。

 教育世界にも偉人があり、スターがいます。その人の足跡をたどり、自分を奮い立たせる本があります。そのような本が最近立て続けて出版されています。とても良いことだと思います。それによって、その人の一見バラバラに見えるものが一つにまとめ上げて理解することが出来ます。それによって、その人の一つ一つの実践を我が物にすることが出来る可能性が高まります

 しかし、同時に別な伝記もあって良いのでは無いかな、と思いました。それはごく普通の教師の伝記です。

 言うまでも無く、日本の圧倒的大多数の教師は普通の教師です。特別な教師のやったことは、普通の教師には出来ません。少なくとも、それを十年続けることは超人的な意思の力がいります採用後5年で多くの教師は本を買わなくなります。少なくとも採用前、採用直後よりはぐっと本を買わなくなります。理由は「自分普通の教師だ」ということを自覚するからです。考古学者・科学者数学者に夢想した小学生が、いつか現実的になるのと同じです。

 では普通の教師は学ばなくて良いのでしょうか?特別な教師のたどった特別なことは学ばなくても大丈夫だと思いますしかし、それでも学ぶべきものが少なくないと思います。そして、残念ながら、その手の本が全くありません。

 抜けはあるかもしれませんが、以下のようなものは全ての教師が学ぶべきことです。(順不同です)

●新規採用直後の生き方。例えば、掲示板の掲示の仕方なんて大学で教えてもらっていません。ところが採用直後から必要となります。また、大学生時代と違って、周りにいるのは友達では無く同僚です。そんなとき休日にどのように過ごしたら良いか。今まで2千円も出せば飲めたのに、1万円以上ののみ会に参加する意味は何か?二十歳以上も離れた同僚とどのようにつきあったら良いか・・・

貯金保険をどれだけかけたら良いか採用直後、先輩から掛け捨て保険と積立保険を併用すべきだと言われましたが、ピンと来ませんでした。退職間際の先生方は、若い教師にどのようにすべきかを思っているのでしょうか?

●中高の教師だったら、休日部活指導に明け暮れて自分時間が無くなります。どのようにして自分時間を捻出するのか。

大学時代つきあった彼女彼氏とどのように結婚に至るのか。そのために学部4年での過ごし方。また、採用後に伴侶を探すとしたら、どのようにしたらいいのか。

●親との同居のメリットデメリット

共稼ぎ夫婦仕事分担(子育て分担)のノウハウ

私立学校から公立学校公立学校から私立学校、また、他県の学校への異動のメリットデメリット方法

 以上がぱっと思いつきます。こんなことに多くのページを費やしている教師の伝記って無いでしょ。

 単一の職種としては、教師は日本で最も多くの人が就業している職業です。そして、他の公務員の職種に比べて特殊性が高い職種でもあります。そのため、上記に関して特殊なノウハウがありますしかし、そんな本がありませんね。

 普通の教師の上記に関する伝記だったら、きっと普通の教師も読みたいのではないかな~っと思いました。