西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

13/06/30(日)

[]教科教育学 19:19 教科教育学 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 教科教育学 - 西川純のメモ 教科教育学 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 教科教育学で研究でもっとも遅れているのは目的論だと思っています。そりゃ、その教科で通じる目的論は山ほど知っています。しかし、他教科の人が納得するような目的論を読んだことがありません。

 原因としては大学の組織があります。基本的に学校教育と教科教育は組織が分かれています。その結果、学校教育の目的と教科教育の目的を整合する議論する機会を失っています。さらに教科教育でも教科別に組織が分かれています。学会も教科別です。まれに教科横断の学会がありますが、発表部会は教科別が通例です。その結果、大学の教科教育の研究者は、その教科の村の中でずっと生きることになります。

 学習指導要領のそうです。中央教育審議会、それに対応した学習指導要領総則編の編成は学校教育の専門家が加わり、教科教育の専門家が入ることは稀です。ところが教科編の編成は教科教育の専門家が加わり、学校教育の専門家が加わることは稀です。そのせいだと思うのですが、二つの間には大きな溝があると思います。

 『学び合い』の同志がよく言うことですが、中央教育審議会や学習指導要領の総則編を読むと、まるで『学び合い』の同志が書いたのでは無いかと見まがいます。大人を育てるという視点に立てば似たようなものになるのは当然と思うのです。

 他教科の人が納得する教科の目的論を生み出すには、学校教育と教科教育の対話が必要だと思います。また、教科間の対話が必要だと思います。

追伸 今のままの各教科の目的論を、各教科の人が集まって本音で語れば絶対に大げんかになると思います。