西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

13/06/29(土)

[]構成 06:02 構成 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 構成 - 西川純のメモ 構成 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 算数の教科書の構成、なんとからないかな、と思います。

たいていは最初に原理原則があり、次に基礎的な問題があり、応用問題がある。しかし、多くの子どもは最初の原理原則はチンプンカンプンで、やる気をなくす。あれは数学にフィットしているごくわずかな人にフィットする構成です。理系だって、イプシロンデルタ論法をいきなりやられてフィットする人は少ないと思います。

 日本の教科書は、その教科が大好きな人によって作られていることに起因する問題だと思います。

 日本人の大多数は演繹より、帰納の方が相対的に合っている。だから、最初に基礎的な問題があり、応用問題があり、最後に原理原則という構成の方が相対的に「まし」と思うのです。もちろん、『学び合い』的に言えば、教科書50ページから70ページを分かるように、さあどうぞ、です。そうすれば、自分に合った順序で学ぶでしょう。演繹的な人は教科書通りに学び、帰納的な人は最初の所をすっ飛ばして、最後に学ぶと思います。

maya-1maya-12013/06/29 09:39私もその一人でした。

jun24kawajun24kawa2013/06/29 10:57実は理系の私も、大学に入るとその一人になりました。