西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

13/06/28(金)

[]モデル 07:07 モデル - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - モデル - 西川純のメモ モデル - 西川純のメモ のブックマークコメント

 『学び合い』は「一人も見捨てたくない」という思いが大事です。それが弱いと、「な~んちゃって」『学び合い』になる危険性が高い。二三人をとりあえず考えない、と思えば、限られた力量のある教師だったらかなりの授業は出来ますから。そして二三割の子どもを考えない、と思えば、大多数の教師でも授業が出来ますから。

 一方、「一人も見捨てたくない」という願いが強ければ、置かれた状況で撃砕すること無く、したたかになれる。

 特別支援を大事にしている先生は、その思いが強い方が多い。でも、特別支援の先生方に『学び合い』がすぐに広がらない、何故だろう、と考えてみました。

 おそらく「(その子)×数人」を一人も見捨てたくないと願っているのだと思います。その子の「今」、「もしくは数年先」を考えて、一人も見捨てたくないと願っているのだと思います。これは多くの「親」の願いと同じだと思います。

 『学び合い』は数十人(中高の先生だったら数百人)子どもを「一人も見捨てたくない」とは似て非なるものです。その人数だと親モデルの教師像は成り立たなくなる。そのレベルの子どもを対象とするには、個にとらわれず集団に心を砕かなければならない。

 では、現実に数人の子どもを相手にしている特別支援を大事にしている先生にどのように伝えたらいいだろうか?それは、その子が二十代、三十代、そして今の自分の年齢になったときに、何が必要だろうかを考えてもらうしかありません。その時に必要なのは計算でも、漢字でも、深い読みでも、深い社会認識でもないと思います(そりゃあればいいですけど)。その時に必要なのは、つながれる人のネットワークだと思います。それを「今」育てているか?と問い直してほしい。

 それを実現するには「親」であることを捨てて、上司にならねばならなくなります。辛い決断だと思います。しかし、そのこのためにはそれが必要だと理解してほしいと願います。一度分かってもらえれば、頼りになる同志になっていただける。