西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

13/06/17(月)

[]駄目だ・・・ 18:20 駄目だ・・・ - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 駄目だ・・・ - 西川純のメモ 駄目だ・・・ - 西川純のメモ のブックマークコメント

 特別支援の子どもを持つ保護者向けの本を書きたいなと思って、いくつか買ってみました。しかし、読もうとしても、読めないのです。

 一頁を読むごとに、保護者の気持ちに共感してしまい、涙がボロボロ流れてくる。そして、胸が苦しくて、苦しくて。頑張りましたが、どの本も20頁もよめない。

 しかし、その中でも分かるのは、そのような保護者の方は学校に全く期待していないということです。おそらく、そのようなことを思わせることを学校は繰り返したのでしょう。そして、そのようなことをした教師の側も、追い詰められているのが分かります

 結局、特別支援の子どもに直に関わっている保護者も特別支援の先生も、他の人を信じていない。だから自分で抱え込んでしまっている。お気持ちは痛いように分かる。でも、それによって対処療法は出来ても、根治療法は出来ない。問題の先送りに過ぎない。

 学校で教えるべきことは、学校を出てから生きる術です。特別支援の必要な子にとって一番大事ものは、健常者とどのようにつきあえるかです。そして、自分を理解してくれる多様な仲間をどれだけ持てるかです。

 それを周りを信じていない保護者や特別支援の担任先生方に、どのように伝えたら良いのだろうか。と、思うと気が重くなりました。う~ん