西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

13/02/23(土)

[]悪夢 09:35 悪夢 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 悪夢 - 西川純のメモ 悪夢 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 先に書いた悪夢を具体的に書いてみます。

 現在、教師が手を焼いている子は、ありがたいことに反社会的な行動をしてくれます。そのため、「教師は正義」、「反抗する子どもは悪」という図式が出来上がります。また、現状では「点数が高い=偉い、点数が低い=ダメ」という図式が社会で出来上がっているので、学力下位層が反抗しても、「教師は正義」、「反抗する子どもは悪」という図式が成り立ちます。

 しかし、学力の上位層の子どもが、礼儀正しく、正論を述べたらどうでしょうか?

 例えば小学校教師は全教科担当です。しかし、全教科が全て得意だと言うことは無いと思います。漢字の書き順が不得意な人もいるでしょう。ピアノが不得意で、CDで済ましているでしょう。これは中学校の教師だって同じです。私は中学校理科の教員免許状を持っていますが、安山岩や玄武岩を見分けることは出来ません。

 また、授業中の気楽な話の中で失言しない教師がいるでしょうか?国会議員だって、失言の連続なのです。

 また、教師の思い入れの結果、学習指導要領を逸脱していることもあるでしょう。逆に、年度末の「平和な国、日本」をやったことにしている人もいるでしょう。

 もし、複数の学力上位層の子どもが毎日の授業を事細かに記録したとしたらどうでしょうか?一部は、ICレコーダーを利用するのです。それらをまとめ、保護者に相談します。そして、保護者がその具体的データを携えて、「指導力不足であるので担当を変えて欲しい」と求めるのです。それでらちが明かない場合は、教育委員会に申し出るのです。勝てる勝負ですので、いきり立つ必要はありません。きわめて冷静に、紳士的に申し入れるのです。

 おそらく学校側は「学校として指導体制を整えるので時間を与えて欲しい」と反応するでしょう。そこで、きわめて冷静に、紳士的に引き下がるのです。そして、複数の学力上位層の子どもが毎日の授業を事細かに記録にし続けるのです。そして、それをインターネット上で発信し続けたらどうでしょうか?そして、学校側に再度申し入れるのです。

 さて、このような攻撃に耐えられる教師が日本中のどれほどいるでしょうか?学校で一人だったら、とりあえず担任を外すという方法もあり得るでしょう。しかし、学校の半数以上の教師が上記の攻撃を受けたらどうなるでしょうか?

 攻撃の対象は教師とは限りません。もし、授業時間数を細かく記録している子どもがいたらどうでしょうか?加配当教員の運用を細かく記録している子どもがいたらどうでしょう?校則の法的根拠を弁護士の保護者に相談する子どもがいたらどうでしょう?

 とても、怖いでしょ。

 繰り返します。反抗している子ども反社会的な行動をしているレベルより、社会的な行動をし始めたときが恐ろしいのです。

 私は現状の学校制度は前近代的だと思っています。大甘に見ても、啓蒙君主の社会のようです。それに対して、非暴力で論理的な反乱が起こったら・・・・。時代の必然だと思うのです。