西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

13/02/18(月)

[]ちょっとした質問 05:52 ちょっとした質問 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ちょっとした質問 - 西川純のメモ ちょっとした質問 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 今年の卒業研究発表会で、ゼミ生は「勤務校に一人しか『学び合い』実践者がいない人の悩みとその解消法」を研究し発表しました。終わってから、同僚の赤坂真二さんが「調査対象者は、『学び合い』を自分でしたいと思っている人ですか、『学び合い』を広げたいと思っている人ですか?」という質問をしました。我がゼミ生も、おそらくそこにいた大多数の人も、その一言がどれほど深い意味を持つのかは分からなかったと思います。「あ、この人もそれに苦労しているんだな。ということは・・・」と思いました。

 ちなみに、私の知っている人の中で、私に良い意味でも悪い意味でも一番近い人間はだれかと問われたら、私は赤坂さんだと思っています。(もちろん、息子の方が似ていますが)それが分かるちょっとした一言、しぐや、癖、を見つけるとじっと見つめてしまいます。そうすると彼は嫌がります。そうするともっと見つめて「分かっているぞ~」というオーラを出してからかいます。ふぉふぉふぉ

追伸 彼は天性ではなく、ものすごい苦労をして話術を得た人です。だから、直前に15分以上のスピーチを頼めば、ノートや紙の端に何かを書き始めるはずです。話の組み立てを考えているのです。教職大学院の同僚の大多数は天性の話術を持っている人なので、そのようなことをしなくても話を組み立てられる人たちです。しかし、赤坂さんと私はそうではないので、その時は、そうとう苛ついていて、それが分からないように目立たなくやるのですが、同類の私はそれが分かるので、じっと見つめてしまうのです。ふぉふぉふぉ

scorpion1104scorpion11042013/02/18 23:26あの~、「勤務校に一人しか『学び合い』実践者がいない人の悩みとその解消法」の研究結果が知りたいのですが…。知りたいと思った人は、多分私だけではないはずなので。

jun24kawajun24kawa2013/02/19 05:36いま、論文にまとめているところです。でも、それよりも、来月に出版される、『学び合い』ジャンプアップを使って、校内に仲間を作って下さい。