西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

13/02/17(日)

[]誰もが出来ること 19:40 誰もが出来ること - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 誰もが出来ること - 西川純のメモ 誰もが出来ること - 西川純のメモ のブックマークコメント

 7つのルールという本にも書いたことですが、「●●だったら出来るが、私は出来ない」という人がいます。そういう人は、校長になっても、教育長になっても何も出来ません。出来ない人は、出来ない理由を雄弁に語ります。しかし、やる人は、出来ることを探します。それも、その人だから出来ることです。

 どんな教師であっても、それは新任一年目、いや、学生さん、いや、一般の人だってやれることはいっぱいあります。例えば、『学び合い』の授業を参観したら、その様子を発信して下さい。その発信が弱いから、実際も見ずにとやこう言う人が堂々と世の中に生まれるのです。

 今の時代、ツールは様々です。フェイスブック、ツイッター、ブログなどがあります。かつては一部マスコミしか出来なかったことをみんなが出来るようになりました。1日1万カウントのカリスマブロガーになる必要性はありません。あなたの発信した情報が、どこに繋がるか分かりません。

 もし、教師だったら「したたか」に実践して下さい。『学び合い』ステップアップに書いた通り、一週間に1度程度の『学び合い』だったら、人間関係づくりだと理由を付けるならば、反対されないはずです。そこで結果を出して、徐々に拡大すれば良いのです。

 あなたの知っている人に、『学び合い』の実際を話して下さい。その人は別な学校でも結構なのです。その学校の人に『学び合い』の同志がいたとして、その人が言っても「?」と思う人でも、あなたから言われると「なるほど~」と納得するものです。それが回り回って自分の学校でもやりやすくなるのです。

 各学校に教育実習生が来ると思います。その学生に、さりげなく実践を見せて下さい。そして、『学び合い』の本を薦めて下さい。そのような人が現場に出る頃までには、もっとやりやすい環境は整っているはずです。第一、その人が同僚になるかも知れないのです。

 今、先行している同志の方は、学校レベルの公開をしています。そこに「一緒に行こう」と誘うこともあります。そうすれば、あなたが説明しても理解してもらえなくても、その学校の子どもが伝えてくれます。そして、あなたや同僚が参観に行けば、子どもや教師が頑張れます。

追伸 西川ゼミのゼミ生が「それは無理」と一言言うと、私は立て板に水のように出来ることを並べ立てます。そして、「出来ない理由は?」と聞きます。ゼミ生は「ありません」と応えます。次に「出来なかったら、その原因は?」と聞きます。ゼミ生は「やらないから」と応えます。そこで私がニヤッと笑って、「期待しているよ」と言います。西川ゼミで何度もある型です。

 ゼミに入りたての学部3年や大学院1年が私に上記を言ったとたんに、上級生は「バカだな~、地雷踏んじゃった」と思いながらニヤニヤして一連の流れを1年前の自分を思い出しながら見ています。ということで、ゼミ生は私の前で「出来ません」は言いません。

scorpion1104scorpion11042013/02/17 21:53子どもたちは、宝物です。誰にとっても宝物です。どの子どもも大人が必死で守らなければならないと思うのです。戦います。

karakusa01karakusa012013/02/18 00:33自分にできること探しですね。次の本も必読ですね!

jun24kawajun24kawa2013/02/18 05:04期待しています。