西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

13/02/17(日)

[]同志を守る 19:07 同志を守る - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 同志を守る - 西川純のメモ 同志を守る - 西川純のメモ のブックマークコメント

 日本全国の同志が苦労されています。その人達を守る方法、それは同僚に『学び合い』の実践者が複数いること、それ以外にはありません。そして、それが日本中の子どもが一人も見捨てられないことを保証することだと思っています。

 たまに「私は『学び合い』を広げるつもりはありません」という方がおられます。その方は、自分一人で『学び合い』が出来ると思っているのだと思います。が、そういう方に、その時点で何を言っても無駄です。おそらく私が新興宗教を無理強いしているとしか理解できないと思います。

 『学び合い』は一人で出来るわけありません。それは子どもに教師である人が言っていることと同じなのです。周りに「一人も見捨てない」ということが自分にとって得であるということを理解してもらえない限り、自分が見捨てられないことはありえない。

 私は平成25年度~27年度の3カ年で、何とかしようと思っています。

 『学び合い』は授業論やテクニックではなく、自分を含む人の生き方であることを理解している方々にお願いします。みなさんが子ども達に強いていることを、自らにも強いて下さい。皆さんが子どもに強いられるのは、それが子どものためになると確信しているからだと思います。それは皆さんにとっても、得なのです。

 私は、私の出来ることをやります。みなさんは、私の出来ないことを色々とやってください。世の中にはギリギリまで追い詰められている子どもや教師がいます。そして、いつ、自分や自分の家族がそうなるか分かりません。私は十年かけて、なんていうような悠長なことはするつもりはありません。是非、一緒に焦ってください。お願いします。

scorpion1104scorpion11042013/02/17 21:53子どもたちは、宝物です。誰にとっても宝物です。どの子どもも大人が必死で守らなければならないと思うのです。戦います。

karakusa01karakusa012013/02/18 00:33自分にできること探しですね。次の本も必読ですね!

jun24kawajun24kawa2013/02/18 05:04期待しています。