西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

13/01/19(土)

[]最先端 10:20 最先端 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 最先端 - 西川純のメモ 最先端 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 個人ゼミの際、あるゼミ生から最近のゼミ生の研究成果を本や講演で紹介していないことを指摘されました。鋭いです。

 平成17年から18年頃には、多くの先生方が悩んでいるレベルのことは私にとっては解決済みなことなのです。最近になって紹介している異学年『学び合い』だって、その頃には既に基本は確立されています。

 現在、私が講演や本で紹介していることは殆ど平成18年以前に明らかにされたことばかりです。では、それ以降に明らかにしたことを何故、本や講演で紹介しないのでしょうか?それは先に進みすぎて、それを理解出来る人があまりにも少ないからです。そのため、市場として成り立たないのです。

 でも、平成18年以降に明らかにしたことを、ちょっと紹介しましょう。

●子どもが指導要領原文を読み解いて、その規準に基づいて具体的な基準を子ども達が作成します。そして自己評価するのです。それが『学び合い』によってどのように変化するかを明らかにする研究です。結論から言えば、小学生であっても比較的短い期間で教師も納得するような基準を子ども達全員が作成できるようになり、教師の評価に一致する自己評価できるという結果を出しています。そして、それは『学び合い』の結果であることも明らかにしています。が、答え合わせをするとき教師用指導書を見せることでビックリする先生方が多い現状では、宇宙人を見ました、と同じレベルで捉えられるでしょうね。

●子ども達が教科書を改良するのです。これまた、成績が向上して、素晴らしい教科書を作成します。つまり、子ども達が教科書作成者の立場でその教科を学ぶのです。

●『学び合い』だと、こどもの躾けが行き届かないと誤解している方がいます。しかし、『学び合い』では規範が育ちます。その構造を明がにした研究があります。結局、学習と同じように、2割の子どもがリードし、6割の子どもがフォローするという構造があるのです。

●ノート指導をしなければならないという先生がいます。しかし、『学び合い』によってノートは質が高くなります。その過程を明らかにした研究があります。

●『学び合い』によって教師の力量が向上することを明らかにする研究があります。しかし、ミニ理学部、ミニ文学部の知識が多いことが教師の力量だと思ったり、二流の芸人になることが良い教師の力量だと思っている現状において、なかなか理解されないでしょうね。

 そして、最近は学校全体の『学び合い』における教師集団の研究等をやっています。しかし、これは学校全体の『学び合い』を経験したことの無い人にはちんぷんかんぷんでしょう。そして、その集団を保護者集団に広げ、地域コミュニティに広げる研究をしています。さらにちんぷんかんぷんでしょうね。その他、山ほど面白い研究があります。

 結局、上記の研究を広げるには、その前提となるものが広がらなければならないのです。