西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

12/10/27(土)

[]みんなの前で喋る 09:08 みんなの前で喋る - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - みんなの前で喋る - 西川純のメモ みんなの前で喋る - 西川純のメモ のブックマークコメント

 全体の前で喋る力を育てる、と言う人がいます。でも、日本中の人のどれだけそれが必要でしょうか?日本中の圧倒的大多数の人が一生涯の中で数十人以上の人の前で喋る機会なんて数回あるかないかでしょう。まあ、祝儀・不祝儀の親族代表挨拶ぐらいではないでしょうか?喋る商売である教師ですら、職員会議で手を上げて発言することが嫌がるのが普通ですから。

 私は見ず知らずの人の前でスピーチする力を育てるよりも、この人達の前だったら喋っても大丈夫、と思える集団作りの方が大事のように思うのです。

[]ミッション2 09:00 ミッション2 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ミッション2 - 西川純のメモ ミッション2 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 いろいろな学校に参観に行きます。小学校の朝の会ではスピーチの時間を設けています。しかし、たいていの場合、う~んと思います。

 たいていの場合は、子どもがぼそぼそと自分の最近に起こったことを喋ります。そして「何か質問はありませんか?」と言います。一人ぐらいの子どもが質問します。それがないと先生が質問して。それで終わりです。子ども達が拍手をして終わります。

 何が欠けているか?それはミッションです。そして評価です。『学び合い』だったら、それがあります。それも集団としてのミッションと集団としての評価です。だから、教科学習の『学び合い』と同様に最初にミッションの確認を行い、最後にミッションが達成したかの評価があります。そして「みんな」で「みんな」が達成することの意味を語ります。

[]ミッション 07:53 ミッション - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ミッション - 西川純のメモ ミッション - 西川純のメモ のブックマークコメント

 経営学の巨人であるドラッカーに、リーダーは簡潔にして本質を突くミッションを与える能力が問われと言っています。ある優れたリーダーの元にある救急医療機関では、みずからのミッションを「患者を安心させることがわれわれの使命である」としています。ちょっと変な感じがしますよね。並のリーダーだったら「患者の命を救う」レベルでとどまるでしょう。しかし、救急医療機関に来る人の大多数は、命に別状がない人です。中には、水を多めに飲んで寝たら直る人も少なくありません。だから救急医療機関でなおざりにされている大事なミッションは命に関わるか否かを早急に判断し、命に関わらない人に対して、「あなたは動転している。しかし、赤ん坊は風邪をひいているだけだ。確かにひきつけを起こしている。しかし、危険な状態にあるわけではない」と安心させることです。言われてみれば納得の本質的なミッション、それを見いだせるのが教師の職能です。

 例えば、卒業式の係の教師を思い浮かべて下さい。並の教師だったら、とにかく自分(つまり教師)が思い描く卒業式になるよう、操り人形のように動く子どもにしようとやっきになります。ところが『学び合い』の教師だったら、まず、卒業式がどのような意味があるかをちゃんと語ります。そして、「卒業生の保護者の全員が、感激して涙を流すような卒業式にしよう」というミッションを与えます。

 本日、ある同志のブログを見て、すてきなミッションを発見しました。簡潔にして、本質を突くミッションです。http://goo.gl/toqin

[]中国の会 05:47 中国の会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 中国の会 - 西川純のメモ 中国の会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 11月10日に島根県益田で『学び合い』中国の会があります。http://bit.ly/TK4Mek

makiwarisanmakiwarisan2012/10/28 21:12みんなの前でしゃべるの内容に同感します。子供たちにとって、クラスの中で1人でも安心できない人がいると、話すことに、自分を表現することに抵抗を感じます。

karakusa01karakusa012012/10/28 22:44先生のこの日記makiwarisanさん同様、同感です。