西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

12/08/10(金)

[]多様な人との繋がり 18:08 多様な人との繋がり - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 多様な人との繋がり - 西川純のメモ 多様な人との繋がり - 西川純のメモ のブックマークコメント

 『学び合い』研究の初期に、情報の三階層というモデルを採用しました。つまり、専門家であるブレインと素人のエンドユーザーは直接繋がることは出来ず、両者を繋ぐゲートキーパーが必要だというモデルです。しかし、現在はそのモデルにはたっていません。理由は子どもたちの会話を分析すると、ブレイン・ゲートキーパー・エンドユーザーがどんどん変わっていくからです。しかし、三階層モデルの中に、面白い知見があります。それはゲートキーパーとエンドユーザーは比較的小集団の中でクローズしています。ところが、その小集団のブレイン同士は繋がっているのです。

 人間が個人的繋がりを持てる人数は150人当たりが限界となります(ダンバー数)。しかし、より大きな集団はあります。例えば全国の『学び合い』のネットワークは距離も人数も遙かに限界を超えています。ではどうしたらいいのでしょうか?

 これに対して単純で画期的な解答を与えてくれたのは、ワッツとストロガッツです。彼らは、基本的に狭い集団「群」の中に、離れた集団を繋ぐリンクをごく少数でも入れただけで、劇的に変わることを明らかにしました。例えば、東京はJRや私鉄や地下鉄で密接に繋がり合った町で構成されています。札幌もそうです。しかし、東京と札幌を鉄道、特に在来線でしか繋げられないとしたならば、両者の交流はかなり困難です。ところが、札幌と東京を飛行機で結んだとたんに、両者の関係は激変します。札幌と千葉、札幌と埼玉、札幌と神奈川、小樽と東京、小樽と千葉・・・・という多くの航空路を開設しなくても、たった一つの札幌と東京の路線だけで関連する地域の関係は激変します。ワッツとストロガッツはそれを科学的に明確に示したのです。

 『学び合い』の仲間には、意図的に色々な地域の人と繋がっている人がいます。それはネットワーク上もあるでしょう。そして、実際に遠方の『学び合い』の会で直に会う方もいます。それらが今後の『学び合い』を支えるものです。

 『学び合い』では教師は子どもたちに「多様な人と折り合いをつける」ことの価値を述べています。そのことを自信を持って語るためにも、是非、多様な人と繋がって下さい。それが自分のクラス、自分の学校の実践の質を保証するものです。

[]福岡の会 05:21 福岡の会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 福岡の会 - 西川純のメモ 福岡の会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 『学び合い』は懇親会で大きくなる。数多くの『学び合い』の会が、『学び合い』の会の懇親会で生まれました。今回のフォーラムでも、再来年のフォーラムを九州で開くことになりました。その最初の一歩として8月16日に福岡でミニ学習会を開きます。

 福岡、福岡近県の方にお誘いします。詳細は教師の一分さんへ連絡下さい。http://goo.gl/DQRKt

kazumiyusakazumiyusa2012/08/10 13:50懇親会にて皆さんの代表として九州フォーラムを宣言させていただいたkazumiyusaです。先生もミニ学習会にきてくださるのですね!!びっくりしました。本、買いました!!お会いできるのを楽しみにしております。

jun24kawajun24kawa2012/08/10 17:03いえいえ、行きませんよ。あははは。体が持たない。九州の方々が集まって下さい。

kazumiyusakazumiyusa2012/08/10 19:02あら、勘違いしました。すみません。勉強してきます。

g5o0t9o9g5o0t9o92012/08/10 22:40先生がおっしゃった通り,「自信を持って語ること」 これが今の時点での自分の最大の課題だと感じます。この力強い記事に奮い立ち,今回のご講演を契機に広がったこのつながりを大切にしていきたいと強く思えました。ありがとうございます。

jun24kawajun24kawa2012/08/11 06:51子どもに自信を持って語るためには、それに合った行動を自らがやらねばなりません。期待しています。