西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

12/07/19(木)

[]偏見 21:05 偏見 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 偏見 - 西川純のメモ 偏見 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私の時代では、美容院は女性、床屋は男性という枠組みがありました。従って、美容院に行く男は「オカマ」という偏見を持っていました。そうでないことは学生さんから教えてもらっているのですが、なかなか残ります。その次にビックリするのは、飲み会でカシスオレンジ、カロアミルクを飲む男子学生です。おいおい、と思ってしまいます。しかし、だんだん慣れてきました。

 ところが最近衝撃の事実を知りました。なんと、一人暮らしの男子学生の多くは洗濯に柔軟剤を使っているそうです。

 信じられない。私はオジサンです。

[]発売 19:27 発売 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 発売 - 西川純のメモ 発売 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 待ちに待ったステップアップの発売開始です。これで何が起こるか楽しみです。おそらく人生が変わる子どもと教師が生まれるでしょう。ワクワク。http://goo.gl/iZ7tf

[]目指すもの 10:59 目指すもの - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 目指すもの - 西川純のメモ 目指すもの - 西川純のメモ のブックマークコメント

 どの教育理論も子どもの幸せを願っていると思います。が、『学び合い』の想定している幸せには特徴があると思います。それは、教師の手助けもない社会での幸せを願っている点です。

 教師の手助けもない社会で生きられる練習を学校教育でやらねば成りません。それも学校教育で一貫してやるべきだと思います。そして、教師がついて行けな進学先、社会で子どもを守れるのは子ども集団だと思うのです。

 多くの場合、自分の目の前にいる子どもの、今日の勉強や生活を何とかしようとは思うかもしれませんが、大人になったときはあまり意識していないと思います。小学校の先生は、それは中学校になったら。中学校の先生は高校になったら。高校の先生は大学になったら。大学の先生は社会になったら。と思っているのではないでしょうか?それではだれもしていない。小中高大の全ての教師が、大人になって必要な能力を育てなければならない。

 教師の手助けのない状態で生き残れる能力を育てたいならば、極力、手助けのない状態を経験させねばなりません。