西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

12/07/15(日)

[]越後『学び合い』の会 21:12 越後『学び合い』の会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 越後『学び合い』の会 - 西川純のメモ 越後『学び合い』の会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 当日の私から挨拶文です。ご覧下さい。そして、おいでませ。この会はゼミ生が全て考え、動いた会です。

 本日は越後『学び合い』の会に参加いただき有り難うございます。

 『学び合い』は上越教育大学での数十年の学術研究の成果として生まれました。その成果を本格的に実践者に広げたのは、平成17年夏に新潟市で開いた『学び合い』フォーラムが最初です。その会では主催者二十名余りで参加者も同数という小さい会でした。しかし現在、日本全国の殆どの都道府県『学び合い』の会が生まれ、勉強会や県の会が開かれています。『学び合い』フォーラムはそれらの全国大会と位置づけられ、本年は大阪で開催されます。毎回、日本中から数百人の『学び合い』実践者が集まる会に成長しています。

 『学び合い』が全国的に広がっている一方、地元上越での広がりは限定的でした。そこで平成21年度に第1回の越後『学び合い』の会を開きました。第一回は異学年の『学び合い』、第二回は全校『学び合い』、第三回は二つの学校が合同する『学び合い』という、その時点での最先端の『学び合い』を紹介しました。その実践を参観するために北海道から九州の数多くの人たちが参観しました。その様子は教育新聞や日本教育新聞でも紹介されました。しかし、一方、上越市の参加者は限定的でした。

 それを踏まえて、本年度の越後『学び合い』会では、『学び合い』をこれから始めようとする人のために【きける,みられる,たしかめられる】をコンセプトとしました。具体的には、「実践者・児童にきける」、「授業と子どもの姿がみれる」、「日本全国の実践者と交流し、『学び合い』の成果をたしかめられる」会にしました。

 『学び合い』の見た目は、学級崩壊しているように見えます、教師が何もしていないように見えます。しかし、『学び合い』は優れた実践者が大事にしていた考え、ノウハウを研究と実践の中で精選し、発展させたものです。そして、その原動力は、子どもも教師も一人も見捨てたくないという願いです。是非、今回の会を通して、『学び合い』の願いを感じていただければ思います。http://goo.gl/Oe0Yb