西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

12/02/22(水)

[]お土産 08:48 お土産 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - お土産 - 西川純のメモ お土産 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ここ1ヶ月ぐらいはお客様が来ません。そこでゼミから、「そんなこと我々の前で言うぐらいだったら、メモで公開すべきだ」と言われていることを公開します。失礼はご容赦下さい。

 私へのお土産の中で一番困るものは、お菓子です。だって体重の増え方を気にしている夫婦と、食べ盛りに入り始めたとはい小学校5年生一人の3人家族お菓子をワンパックもらっても、しょうがありません。そのようなお菓子は、手を付けずに、ゼミ生に渡します。美味しいお菓子を私の目の前にブル下げられるのは、禁煙中の人タバコを贈るようなものです。宜しくお願いいたします。

追伸 お菓子場合は、私の見えないところで、ゼミ生にお渡しいただければと思います

[]ターニングポイント 07:02 ターニングポイント - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ターニングポイント - 西川純のメモ ターニングポイント - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私の人生で苦しかった時は以下の通りです。

 高校2年の最後の実力試験英語偏差値27という驚異的な点数をもらって愕然としたとき

 遊び回って過ごしたため、大学で本当に学べていない自分に愕然とした大学4年の時。

 大学院1年の終わりに、それまでやろうとしていたマレーシアとの比較教育が出来ないことが分かり、修士論文テーマを急激に変更したとき

 本当に就職できるのか不安だった、教員採用試験受験勉強をしている研究生の時。

 高校教員として採用されている時。前半は、暴走族相手にどのように授業をしたらよいかを悩みました。後半は、彼らの悩みを解決できない自分のふがいなさを悩みました。

 27歳で大学教員採用され、子どものいない職場の中で自分は何をしたらいいかを悩んだ時。

 30歳で、それまでの不摂生がたたって急性アルコール性肝障害で入院し、自分の弱さを自覚し、自分人生を考えた時。

 研究者としては業績を積み上げたが、教師の自分の心に響かないことに悩んだ38歳の時。

 程度の差はあれ、かなりきつかった。でも、そこから逃れる道は、効率が良いかいか度外視して、とにかくもがき続けること。それしかありませんでした。そして、その結果として、今の自分がいますゼミ生の多くは、その時期にいます効率度外視して、とにかくもがいて欲しいと願います。それしか無いのですから。