西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

12/02/11(土)

[]削る 15:07 削る - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 削る - 西川純のメモ 削る - 西川純のメモ のブックマークコメント

 今の教育研究者、教育実践者は「良い方法は何か?」という問いかけを様々な場面に適用しています。私もそうでした。そして膨大な論文を書きました。それらの研究によって教え方一つで平均点は10点以上上がるのです。驚異的な結果だともいます。多くの学会から賞を頂きました。しかし、それらは平均点の上昇です。全員ではありません。そこで、十年以上前に、一人一人の子どもの誤解を徹底的に調べました。私の当初のもくろみとしては、4、5程度の典型的な誤解を明らかにして、それを併用した指導法を開発しようと思ったのです。それによって1、2の指導法では分かることの出来なかった子どもを全員分かるようにしたかったのです。が、調べれば、調べるほど「一人一人は違う」という結果になるのです。それを無理矢理に数タイプの誤解パターンに落とし込むことは出来ませんでした。結果としては、「一人一人の良い方法がある」という至極当たり前であり、そして従来型指導では永遠に達成できない結論になりました。

 そこで「良い方法は何か?」ではなく、「良い方法を見いだせるのは誰か?」という問いかけにシフトしました。この問いかけのシフトはコペルニクス的転換だと思います。その答えは「本人であり周りの子ども」です。分かったか、分からないかを判断できるのは本人なのですから、良い方法か否かを判断できるのは本人しかできません。そして、本人がそれを見いだせない時には、それを見いだすためには他者との膨大な会話が必要です。それには時間がかかり、一人の教師対数十人の子どもには無理なことです。だから、「本人であり周りの子ども」なのです。

 さて、そうであるならば、「本人であり周りの子ども」に解決のための時間が必要です。何故なら、膨大な会話が必要であり、それには時間がかかるからです。ところが授業時間は45分なり、50分間という限定があります。「本人であり周りの子ども」の時間を確保するには、それ以外の時間を削るしか方法がありません。そこで、従来の教師の発問、板書等の時間をどんどん削りました。私にも従来指導型の囚われがあります。だから、十年以上かけて少しずつ削ったのです。削って、削って最後に残ったのは、「本人であり周りの子ども」がやろうと思わせる「目標の設定と評価」であり、「本人であり周りの子ども」がやろうと思った時にやりやすい「環境の整備」です。

 この「目標の設定と評価」や「環境の整備」も十数年間かけて削ったのです。「目標の設定と評価」の当初は従来指導型と同様に「良い目標の課題があり、良い評価がある」と思っていました。しかし、教科内容ではなく学ぶ意義こそそれだという結論になりました。そして、万人に適応できる学ぶ意義として洗練されたのが現在の学校観です。「環境の整備」も様々なツールがあります。例えば、誰が出来て誰が出来ないと分かりやすくするネームプレートなどがそれにあたります。しかし、本当の環境の整備とは子どもたちのネットワークなのです。子ども集団の能力を信じ、学校観に基づいてみんなを求める、それが「環境の整備」です。そしてそのレベルだったら数ヶ月に一度、程度しか集団への教師の手だては必要ありません。その代わり、常に揺るぎない心で、子どもを「見る」だけで十分です。

 当然、問題は起こります。その時、「良い方法は何か?」という気持ちは起こります。私もです。西川ゼミで問題が起これば、私はパニックになり、どのように解決すべきかという具体的な方法を案出しようとします。が、頭の中でシミュレーションをし始め、一人一人のゼミ生の顔を思い浮かべれば、全てにフィットするとは思えないのです。その中でパニックが徐々に収まると、「良い方法を見いだせるのは誰か?」という問いかけに回帰します。結果は「本人であり周りの子ども」なのです。私ではありません。そして頭に浮かんだ方法を全て捨てて、ゼミ生全員に語ることにします。私が現状をどのように見ているか、そしてどのようにならぬかを。それで解決できるかは分からなくとも、私が「良い方法は何か?」を考えるより「まし」であることは確かです。

 プラスαではなく、ギリギリまで削ることです。

tokucyotokucyo2012/02/12 09:55◇「削る」について
先生の現在の考えに至るまでの過程がとてもよくわかりました。
すごく失礼な言い方になりますが、「悩んでいる等身大の姿」に接したような感じを持ちました。(少しホッとしています…すみません)『学び合い』にトライしよう!としているわけですが、やっぱり囚われているものは多いです。自分でイメージしているほど、すっきりとシフトチェンジはできないと思っています。「それなら、従来型から始めなさい」と先生は仰るかもしれませんが、それはそれで「違う」ような気がします。(たぶん自分は「従来型」という言葉に甘えそうです…)ただ、今回の記事を読んで、少し頭の中がクリアになったような気もします。まとまらないコメントですみません。

jun24kawajun24kawa2012/02/12 14:54最善の方法なんてありません。一人一人の最善の道があるのです。ただ、それに必要なのは膨大な対話です。繋がることです。私の好きな言葉があります。最善な方法は、多様な方法を柔軟にやり続けること、です。

tokucyotokucyo2012/02/12 19:11>多様な方法を柔軟にやり続けること
これは案外得意だったりします。自分らしく、悪あがきしていきたいと思います。

jun24kawajun24kawa2012/02/12 19:20是非!