西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

12/02/07(火)

[]子ども無縁社会 13:33 子ども無縁社会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 子ども無縁社会 - 西川純のメモ 子ども無縁社会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 Kさんのブログに刺激され「子ども無縁社会」を注文した。そして読もうとした、が、読めなかった。項目を拾うだけで、動悸は激しくなるし、何が何だか分からなくなってしまう。中にはリアルに特定の子どもの姿が浮かんでしまう。まさに地獄。これに耐えられない弱さがあるから、私は高校教師としては踏ん張れなかった。毎日、一升以上の酒を毎日飲まなければ生きていけなかった。

 この地獄を解決するには、社会を変えねばならないと思う。私の出来ることがあると思う。

[]一人も見捨てない 09:03 一人も見捨てない - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 一人も見捨てない - 西川純のメモ 一人も見捨てない - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私は『学び合い』の根幹を「一人も見捨てない」ということに置いています。が、私がゼミ生達には普段は言いません。また、私が直接手ほどきしている学校でも普段は言いません。普段は「全員課題達成せよ」等と言います。「一人も見捨てない」と言うと話が重くなるからです。が、ゼミ生達に最も重要なことを語るときは、それを「一人も見捨てない」ということを根幹にして話します。ま、年に0~数回レベルですが。私の関わる学校でも、それを語るべき時には語っています。

 「全員課題達成せよ」等でも普段は大丈夫でしょう。そして、優れた教師であれば、それを言わなくても大丈夫かも知れません。「非常に問題のある最後の一人が取り残され続いたとき」、「非常に困難な課題を与え、それを納得させるとき」、「自分の愚かさから、手を抜いたために集団がだれ、それを仕切り直すとき」等には「全員達成せよ」レベルの語りでは乗り越えられません。その時は、『学び合い』の考え方をじっくりと語らなければなりません。

 「9割程度の子どもがそこそこOKなら良い」レベルならば、『学び合い』以外でも可能でしょう。でも、その1割がどれほどの地獄の中にいるのかを知っています。そして1割の子どもが見捨てられていることを気にしないようにしていることが自動化している9割の子どもを憂います。そして、そのような子が大人になったときの社会を憂います。本当に十割を目指すならば『学び合い』しかないと、私は思っています。十割できる、とは断言しません。しかし、それを実現するとしたら、『学び合い』しかないと思っているのです。

 もしかしたらスーパー教師ならば、『学び合い』以外でも十割を目指せるのかも知れません。また、優れた教師ならば「一人も見捨てない」ということをことさら言わなくても『学び合い』で十割を目指せるのかも知れません。が、日本には100万人の小中高の教師がいます。それらの人が全てそのレベルに達せるとは思えないのです。なにしろ大村はま先生の教え子だった人(現在は教師です)から「我々は大村先生をばばあと呼んでいました」と直接聞いたことがあります。大村先生ですらそうであるならば、と思います。少なくとも私には無理です。(私の場合は「くそ」じじいでしょう)

 もちろん、「一人も見捨てない」と子どもに語るのは簡単ではありません。「また、うざったい話をするのかよ~」と思われることを危惧する人はいるでしょう。「そんなこと言っても無理」、「そんなこと言えば暗くなる」と思う人がいるかも知れません。しかし、「一人も見捨てない」ということが『学び合い』を成立させ、高める根幹なのです。子ども達が一人も見捨てないから、非常に高度な会話を積み上げ、折り合いを付けた人間関係を築くのです。一人を見捨てる集団は、早晩、二人目を見捨て、三人目を見捨てます。だから、教師は「一人も見捨てない」ということを踏ん張らねばなりません。そのためには「一人も見捨てない」とは「徳」ではなく、「得」であることを確信し、それを理論的にまた、実例を通して語れなければならないのです。

 これは100万人の教師が語ることが出来るべきだと私は思います。が、それが無理だということも分かっています。でも、深い課題を作り上げる教科の力量、当意即妙に子ども達の会話を紡ぐ能力よりは遙かに簡単です。せめて2割の教師が「一人も見捨てない」ということを語れ、その教師を含んだ教師集団が有機的に動けば「一人も見捨てられない」教育は実現されます。これは、『学び合い』における子ども集団の構造と全く同じです。子ども集団の中で、教師の願っていることを本当に理解できる子は多くはありません。しかし、確実に2割はいます。そして2割もいれば十分です。

追伸 深い課題を作り上げる教科の力量、当意即妙に子ども達の会話を紡ぐ能力は他の教師に伝えることは困難です。しかし、『学び合い』は何であるかはそれよりも他の教師に伝えやすい。さらに、伝えられない教師であっても、子ども達の2割には伝えることが出来ます。従って教科担任制の中高であれば、2割の教師が分かっていれば集団は『学び合い』で動きます。そして、小学校であっても担任や専科の先生のいずれかが分かっていれば大丈夫です。深い課題を作り上げる教科の力量、当意即妙に子ども達の会話を紡ぐ能力は子どもに伝えることは困難だし、伝わったとしてもそれを活用する場は従来指導型では殆ど与えられていません。

[]『学び合い』高校部会 06:40 『学び合い』高校部会 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 『学び合い』高校部会 - 西川純のメモ 『学び合い』高校部会 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 全国の『学び合い』の会で高校教師の参加が急増しています。それに応えて高校部会が立ち上がりました。お誘いします。http://manabiai.g.hatena.ne.jp/twoyoshi/20120206/1328542758

makine45makine452012/02/07 21:21私も苦しみながら読みました。一気に読むことはできませんでした。読み終わって、この現実を変えなければならないと強く感じています。教室でできることから、私は始めようと思っています。

makiwarisanmakiwarisan2012/02/07 21:30良く考えたら「一人も見捨てない」という言葉は、一般の人には抵抗があるのかもしれませんね。でも、そういえば、昨年の7月の全校朝会で、学級代表が「うちのクラスは、一人も見捨てないことを大切にしています。」と言っていたことを思い出しました。内容は、子どもにお任せでしたので、今考えたら(良く言ったよなあ)と思ってしまいますね。

jun24kawajun24kawa2012/02/07 22:12makineさんへ
 あの現実を変えるための手だてを進行中です。
makiwarisanさんへ
 その言葉にたどり着いたのには何かあるのだと思います。

ghjalghjal2012/02/08 07:16自分にとっては、至極当然で単純で意味深い言葉でも、意外に気持ち悪がられる「一人も見捨てない」という言葉です。あるとき、子どもに、「だって、先生は一人も見捨てるなっていったじゃない。」と子どもに注意されたときは、ドキッとしました。

jun24kawajun24kawa2012/02/08 09:54ようは、言葉ではなく、それを発する人が何を考えて発しているかですよね。そして、多くの人はその場に応じて、同じ言葉も違ったレベルで語ります。結果として別な言葉を使っても同じ意味が伝わるし、同じ言葉を使っても別な意味に伝えることが出来ます。だから、一人も見捨てないという言葉も、ghjalさんが語れば、当然のように伝わったのだと思います。