西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

12/01/20(金)

[]閑・手抜き 08:52 閑・手抜き - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 閑・手抜き - 西川純のメモ 閑・手抜き - 西川純のメモ のブックマークコメント

 この手のことを書くと、直ぐに3、4人の方から「私ではないでしょうか?」と言われるので最初に書きますあなたではありません。主に、過去現在未来ゼミ生に向けてです。

 私は仕事が早いです。1年間の連載記事を頼まれた場合、大抵はその日のうちに書き上げ、推敲を含めて3、4日で出版社に送ります。その他、何でも早く終わらせます。理由はものすごく忙しいからです。目の前の仕事を「今」こなさなければ、あっという間に仕事の山が築かれます。私の所には、後から、後から仕事が来ます。それを分かっているので、「とりあえず、後でやろう」ということはしません。やらなければならない仕事を「あとでやろう」と思うのは、「閑」だからです。だから、与えられた仕事を直ぐにやらない人のことを私は「忙しいから」とは考えません。「閑だから」、「適当に考えているから」と考えます。それが証拠に、そういう人は「忙しい」と言いながら、潤いのある時間を過ごしています。例えば、食事に外に行くとか、食事の時の雑談を楽しむとか、寝坊をするとか、音楽テレビをするとかです。私の場合は、そういう時間があったら、まずしなければならない仕事をこなします。繰り返しますが、ものすごく忙しいからです。

 希に、本当に手一杯の仕事をこなしており、上記のような潤いのある時間を全くない人がいます。その場合、私は「面倒くさがっているのだな」と見ています

 私が大学4年の時、推薦書を書いて欲しいと指導教官の石坂先生に頼みに行きました。ところが、石坂先生は「自分で書きなさい」と言うのです。私はビックリしました。その後、石坂先生も石坂先生先生にそう言われたことを説明し、何故、自分で書いた方が良いのかという理由と、書き方のポイントを教えてくれました。そして、結果として自分勉強になることを理解しました。(最終チェックは石坂先生がやってくれました)

 本当に仕事が手一杯になる最大の理由は、人の仕事まで自分一人で背負い込んでいるからです。背負っている人は、「みんながやらないから、出来ないから、自分でやらざるを得ない」と思っているのだと思いますしかし、違います。その人が背負っている仕事の多くは、「別な人が背負うべきだし、背負えるし、背負えばその人にとってもプラスになる仕事」です。ところが、他の人に「別な人が背負うべきだし、背負えるし、背負えばその人にとってもプラスになる仕事であることを説明し、納得させるのが面倒くさいのです。だから自分で背負ってしまうのです。たしかに、人に仕事を背負わせるのは面倒です。自分でやれば、それよりは「楽」です。しかし、そうしている限りは仕事の山がついて回ります。そして、結局、仕事の質を低め、組織迷惑が行くのです。最初は手間でも説明し、納得させるべきです。そのうち、それが文化になれば、いちいち説明しなくて良くなります

 私の場合は、舞い込んでくる仕事を「私にしかできないことか否か」と「組織にとって、その正否は絶対的であるか否か」で仕事を分類します。「組織にとって重要で、私にしかできないこと」は私がやります。「組織にとって重要性、私以外の人でも出来ること」は最も適任な人に任せ、私なりのポイントアドバイスします。「組織にとって重要ではなく、私にしかできないこと」はその多くを人に任せ、最終段階を私がやります。「組織にとって重要ではなく、私以外にも出来ること」は、私は絶対にしません。(もちろん、組織から文句を言われないだけ「組織にとって重要で、私にしかできないこと」を十分にします)

 以上のことをすることを徹底することによって、「組織にとって重要で、私にしかできないこと」を十全に出来て、家族迷惑のかからない仕事が出来ます

追伸 その組織管理職無能である場合は、上記の限りではありません。その場合は、限りなく「無能」のふりをすることを勧めます。そして、その直属の管理職以外の人と繋がることを勧めますしかし、私はこの手のことに関して無能ではなく、西川ゼミは有機的な組織を持っていると確信しています。不遜ながら。

http://manabiai.g.hatena.ne.jp/jun24kawa/20060223/1140679791

http://manabiai.g.hatena.ne.jp/jun24kawa/20010315/1173103326

tm43919tm439192012/01/20 17:47冬休みから産休に入り、産休や育休について悶々と考えていました。夫婦でのワークシェアリング、とてもいいですね!給料は時間講師でもいいけれど、担任を持ちたいという思いがある場合、ワークシェアリングしかないと思うのです。育休中にワークシェアリングについて研究します!

jun24kawajun24kawa2012/01/20 19:22子どもは国の宝です。おめでとうございます。二人分、ご自愛ください。

tm43919tm439192012/01/21 14:06ありがとうございます。国の宝として頑張って育てたいと思います。

a-peanuta-peanut2012/01/22 01:28ワークシェアできる夫婦なら、かなりベストな方法ですね。
と思いつつ、頭の中では、ワークシェアできないだろうなぁ…と思う夫婦の例を2,3思い浮かべました。家での打ち合わせが、夫婦喧嘩になりそうです。仕事を共有できるパターンと、できないパターンがありますよね。男女の仲って。

jun24kawajun24kawa2012/01/22 07:03そうですね。今考えているのは、完全な育児休暇ではなく、曜日指定の育児休暇です。これだったら、別々の職場の夫婦でも可能ですよね。

scorpion1104scorpion11042012/01/22 10:05管理職が無能である場合に関してですが、ある方から「管理職を使って一人前」と教えられたことがありました。それ以来感情的になることは随分減り(笑)、いかにして個性的な管理職を動かすのかということに頭を使うようになりました。

jun24kawajun24kawa2012/01/22 12:47使える程度の管理職はいますが、どうしようもないのも、たまにいます。

scorpion1104scorpion11042012/01/22 14:46私は管理職ではありませんが、周囲から「無能のふり」をされてないか気をつけなければ!と思いました。

jun24kawajun24kawa2012/01/22 20:47あはははは