西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

12/01/11(水)

[]お見立て 11:10 お見立て - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - お見立て - 西川純のメモ お見立て - 西川純のメモ のブックマークコメント

 本日、中国地方のある先生から、授業の様子を見て欲しいと依頼がありました。とても良いクラスです。ポイントをいくつかお教えしました。この方法だったら、遠方の先生の授業をお見立てすることは容易いことです。

 では、どうしたらいいか?まず、授業をビデオで撮ってください。その際、ポイントは固定点で良いですから、クラス全体が見える位置でお願いします。最初から、最後までを取ってください。

 取ったビデオをコンピュータで見られる形式に変換します。最近のビデオだったら、どうしたらいいか書いています。無い場合は、フリーソフトで探せば、色々とあります。

 次にドロップボックスに登録してください。無料で、以下のような荒技が出来ます。登録はhttp://db.tt/bMZAZwxに入って、画面に言われるとおりやれば簡単に登録できます。注意すべきは、無料のプランを選択することです。(ただし、私は有料を使っています。とても良いです。色々と似たようなサービスを試したのですが、ファイルの動悸の速さが格段に違います)

 そこで画面下にドロップボックスの水色のアイコンが出来ますので、右クリックで「フォルダーを開く」を選択してください。その中に「Public」というフォルダーを開いてください。そこに先に作った動画を移動します。そのファイルの選んで、右クリックすると「Dorpbox」というものがあると思います。それを選んでみると「パブリックリンクのコピー」というものがあります。

 私へのメールに、コピーされたものをペーストすると特定のアドレスがペーストされます。メールを読んだ私が、そのアドレスを選択するとそのファイルが見えるようになります。

 このようなことが出来るのは「Public」に置かれたファイルだけですのでご安心下さい。終わったら、そのファイルを削除していただければ結構です。こうしていただけると、莫大なメモリーを食う添付ファイルを送られるよりありがたいです。また、郵送と違って、直ぐにこちらに送ることが出来ます。

[]家族 08:48 家族 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 家族 - 西川純のメモ 家族 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私の尊敬する友人の一人に石川晋さんという北海道の先生がいます。ま、知っている方も多いと思います。私の知る限り、組織力に関して一番凄い人です。精力的です。そして、『学び合い』を客観的に見て、かつ、大人の議論が出来る数少ない人の一人です。

 その方が来年、育児休暇をとり、1年間は講演等の活動を休止します。石川さんの日常の活動をしっているだけに凄い決断です。でも、彼にとっては当然の判断なのでしょう。我々は教師である以前に、夫・妻であり、親・子であります。その順序を間違えれば、家族を犠牲にします。世にスーパー教師ともてはやされても、その家庭を犠牲にする人を私は好きではありません。しかし、家族を大事にすると言っても、私が石川さんのように育児休暇を取れるか?と言われれば大いに疑問です。石川さんを好きになる理由が増えました。

 先進国では少子化が進んでいます。これは我が国ばかりの問題ではなく、少子化は先進国共通の問題です。その中で、出生率を回復した国は、夫の育児休暇制度を充実させた国です。しかし、それを男が選択するか否かは教育の仕事だと思います。夫の育児休暇制度を「良きものである」と思えるような教育はどうやったらいいのだろうか?と思います。

 いずれにせよ石川さんというスーパー教師が、育児休暇制度を取ると言うことは、スーパー教師を目指す人にとって多くを学ばせることだと思いました。