西川純のメモ このページをアンテナに追加 RSSフィード

西川純です。新潟県上越市の上越教育大学の教育実践高度化専攻(教職大学院)で『学び合い』を研究しています。諸般の事情で、このブログのコメントは『学び合い』グループのメンバー限定です。メンバー登録は、いつでもOKです。ウエルカムです。なお、メールはメンバー以外にもオープンですので、いつでもメールください。メールのやりとりで高まりましょうね。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。西川研究室はいつでも参観OKです。 詳細は http://www.iamjun.com/をご覧下さい。 もし『学び合い』グループに参加される場合は、 http://manabiai.g.hatena.ne.jp/をご参照ください。
ツイッター http://twitter.com/jun24kawa
『学び合い』メールマガジン参加者募集中!(無料)http://www.mag2.com/m/0000270912.html
『学び合い』マップ募集中!(無料)http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kokohagw/
授業公開の仲介のガイドライン http://dl.dropbox.com/u/352241/manabiai-data/koukai.pdf
だめで元々で、とりあえずドロップボックス(http://db.tt/bMZAZwx)とjimdo(http://jp.jimdo.com/)の無料アカウントを登録してみてはいかがでしょうか?実に簡単ですから。

本格的にトライする人も多くいると思います。その際、人とのつながりが大事です。身近にいる人と繋がれるとありがたいですよね。『学び合い』を実践される方は、『学び合い』マップ(https://www.google.com/maps/d/edit?mid=zDInXkSSxyO4.kNDji5uDNm0Y)に、是非、登録下さい。登録は、『学び合い』マップ登録フォーム(http://form1.fc2.com/form/?id=77081b4d4f40dd2f)から出来ます。  「私なんて、人になんか教えられるレベルに行っていない」と思う方へ。だからいいんですよ。一番知っている人が、一番の教え手ではないことは『学び合い』を実践しているならば、子どもを見れば分かるでしょ。それに、教える必要はないのです。共に学び合えばいいのです。いや、愚痴を言ったり、笑ったりする、それでいいのです。  是非、一人でも多くの人がマップに登録下さい。強く、強く、お誘いします。

12/01/08(日)

[]市場理論 22:25 市場理論 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 市場理論 - 西川純のメモ 市場理論 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 私はイノベーター、アーリーアダプター、アーリーマジョリティ、レイトマジョリティ、ラガートという表現を使います。これは、ロジャーズとかムーアなどの、物が売れる時にどのような行動をするかという分類です。先だって、学生さんに聞かれたのでメモです。

 イノベーターもアーリーアダプターも、変革したいという意識は高い人で、そのためのアンテナの高い人です。両者の違いは、リスクをどれだけ引き受けるかということです。両者の違いは、その人が新しい物を見出した時の反応です。イノベーターの人は、「○○さんがやっているのね」というのが大多数の反応です。というのはイノベーターはリスクを恐れず、色々なことにトライします。結果として「はずれ」が多いのです。そのため、周りの人は、その人が「いい!」と言っても、「また始まった」といって動きません。

 ところがアーリーアダプターはリスクはそれほど負おうとはしません。どうやって判断するかと言えば、イノベーターの行動です。イノベーターもアーリーアダプターもアンテナは高いです。ですので、新しいものが生まれれば、ほぼ同時にそれを知ります。イノベーターはとりあえず購入し、アーリーアダプターはイノベーターの様子をじっと見て、購入します。

 アーリーアダプターとアーリーマジョリティの違いは、そのものを使うのは主に「自分」が使うとため思うのか、主に「みんな」が使うためと考えるかです。例えば、『学び合い』に関して私に質問する時、自分の実践にどう使えるかを主に聞くか、みんなが実践するにはどうしたらいいかを聞くかに端的に表れます。

 今のところ、『学び合い』はアーリーアダプターからアーリーマジョリティに移行しつつあります。

 ただし、イノベーターが偉いというわけではありません。あくまでも役割です。私は携帯に関してはラガートからレイトマジョリティだと意識ししています。

 そして、私の戦略はイノベーターとアーリーアダプターを固めて、アーリーマジョリティとレイトマジョリティ用のツールを用意したいと思っています。

HirarinHirarin2012/01/09 22:38熱く、そして痺れるお話、ありがとうございました。先生が最後に言われた言葉の具現のためにどうすればいいか。帰りの高速の車の中で考え続けていました。自分なりにがんばってみます。

jun24kawajun24kawa2012/01/10 16:59期待しています。

scorpion1104scorpion11042012/02/02 22:47西川先生は、ゼミ生の方々を心から信頼されていらっしゃるんですね。ハプニングが起きても即対応されてらっしゃる。そのようなことも含んだ上で全てを任せていらっしゃる。そのような管理職に会ったことは一度もないことに気がつきました。提案文書は、どのようにささいなことも管理職を通すことが常識だと思っていました。でも、もしかしたら違うのかもしれないと考えました。現状を変えるには信頼関係の上に立って常識を破ることが必要じゃないかと。